重力重きものはレースの支配者

弥生賞

◎ゴールデンシロップ
今回延長馬は2頭でその内の1頭、新馬戦から何と6秒もタイムを詰めて圧勝で勝ち上がって来た馬、しかも共に上がりをかなり使っており、6秒も違うレース内容でも変わらず上がりを使えると言う事はかなりの量を持っていると思われる、そして何より馬格があるのに素早く動ける事自体運動神経の良さが伺えるし、未勝利のタイムが1.46.7は相当速いと思います、レースでも挙動も良く内枠をこなせる集中力もありそうでこの枠なら逃げても良いと思われる、バレる前に買っておきたい馬である。ゴドルフィンに厩舎も悪くない、ただ鞍上がね……頼むから前に行ってくれよ。

◯シュネルマイスター
もう1頭の延長馬、リズムも良く文句無しだが前走の圧勝がマイルにスイートスポットがありそうで本質の距離に向かう延長ではない分対抗に、ただし同世代戦に少頭数なのでレースとしてのストレスも少なく、しかもルメールの必殺スキル「勝てる位置」が発動しそうなのでスピードだけで押し切れるレースになりそうだしそういう馬場でもありそうなのでこれ以上評価は下げられなかった。サンデーレーシングに手塚厩舎にルメール、ま、走ってくるでしょ。

▲ダノンザキッド
負けるなら自己破綻のみなので走られたらねぇ〜😄😄😄

△タイムトゥヘヴン
個人的に好きな走りの馬、ゆったりしていて且つ闘争心があるタイプ、ごちゃごちゃすると微妙たがこの人気落ちは反応するんじゃないかな?

注目ホウオウサンデー
今回レース映像を4つだけ見たんだよね、内枠からゴールデンシロップの未勝利、ホープフル、京成杯、そしてこの馬の新馬戦、いやぁ〜良かったよ、この馬いいよ、勿論経験値が低いしタイムも糞遅いんだけど、動きがほんとに良かったのよね、なのでこの馬は素質を感じた挙動で印を打ちました、多分来るよ(^^)

ま、10頭立てで5頭も印打っちゃダメだよね(^^)
◎の単勝がメインで!

中山記念回顧

ヒシイグアス
なるほど、今は単純に充実状態って事でいいでしょうね、最後の交わし方は悪くない、ただ、今回はこれだけ速い流れからのレースで動ける馬がほとんど居なかったので走れた馬だけのレース、これ以上の格レースでクロノやデアリング相手となるとまだ少し足りないかも。

ケイデンスコール
充実してる馬の決着なのでこれでCの集中状態と見るのは危ないが、この馬としての集中状態と見れたのは良かった、昨年末からの挙動が良く意外と遅咲きの馬なのかもしれない、これでこの馬に印を打った3回、NHK◎、金杯◎、そして今回◎、相性はいいみたい。

ウインイクシード
これは読めなかった!!!均衡っぽいのか?糞ローテで飽きてるのか?と色々思って、やっぱボストンハーバーだから「ダラっと」してるよね!の結論、死にたい。

ゴーフォザサミット
ショックがハマった、しかし前半が速すぎて追走がギリギリだったよね、3.4コーナーの挙動は悪くなかったのでこの後が延長なら面白いかな。

トーセンスーリア
休み明けの分だろうね、いい馬だと思う、この馬は次走ってくる。

コスモカレンドゥラ
まぁまぁ良しとしましょう、勿論足りないからね、頑張ったよ。

パンサラッサ
この馬も悪い負け方ではない、ただこの後を戦うにはやはり追走能力を身に付けないといけない、延長向きでしょうね。

クラージュゲリエ
これはルメールでも仕方ない、「勝てる位置」のスキルを発動できるほど脚が速くなかったし枠も悪かったね。

バビット
行けてるのでまだ何とかSは繋いでる気はする、さすがに人気からも解放されるだろうから狙うならこの後かな。

次走期待馬
トーセンスーリア


阪急杯回顧

レシステンシア
勝ったから良し!ではないからね、今日は馬場といっくんに出遅れたダノンに助けられたんだからね、まぁ楽だっただろうね。

ミッキーブリランテ
これは後出しだからあまり言えないけど、次印付けるならこれだったのよね、前走の勝ち方が反動が出る勝ち方なんだけど、そんなの知らんよ!って感じでもう一発あるのか?という勝ち方でもあった、ただそれより評価した穴馬がいたので評価し切れなかった。

ジャンダルム
やっぱそうよね、この馬やっぱ今おかしいもんね、あれだけLっぽい負け方してたのに前クールの動きが違ってたもんね、ただ今回は休み明けだったので熱するまで少し時間がいるかな?と思って▲だったんだけどそんな事お構いなしに動いていた、まだわからないとこがあるがクルーガーの上位互換まではあると思うのでウインクスに迫れる馬にはなりそう(^^)

インディチャンプ
決定的にS不足!!!基本的に強い前向きの馬ではないのでこういうレースになるし勝ったG1も主役ではないからね、ただ今回は前回の事もあるからさすがのいっくんも勝ちに出る「プチS作用」(ワグネリアンのダービーみたいなやつね)を発動するかな?と思ったけどなんの事はない、いっくんはいっくんだった、多分ムーアが乗ったら連戦連勝するよ。歴史的な馬になれたかもしれないのに惜しい馬だよ。

ダノンファンタジー
いい負け方!次走高松へ意気揚々と行きましょうよ!

メイショウチタン
あれだけ速いと戸惑うよね、それでも最後また来てたから走れるタイミングは間違いなかったって事でしょうね、Cっぽい馬なので常に注意はした方がいい。

ベストアクター
確かに仕方ない部分はある、ただ負け過ぎかなぁ〜、闘志が失われてない事を願います。

トライン
この馬、あまり評価してなかった、確かにこのタイミングで増やして来る陣営もわからんが、個人的にもうディープの鮮度は時代的に厳しいのかもしれない、このくらいのディープなら一昔前は来まくってだけど最近ほとんど見かけない、まだはっきりわかんないけどディープの鮮度って「若い内」「レース数10戦以下」「格ある馬ならがっつり間隔開ける」「最低前走連対はしてくる」このくらいのオプションが揃わないともう来ないのかもしれないね、これはディープがってよりやはり日本競馬の進化なんだろうね、対応していかないとね(^^)

次走期待馬
ダノンファンタジー

中山記念

悩むなぁ、ある程度のスピードへの対応が求められる馬場っぽいのかな。

◎ケイデンスコール
リズムを持って来たスピード活性の延長馬、今回大外のリズムを失ってる馬を除くと同距離臨戦の馬もいなくて、延長の恩恵は絶大かなと見る、枠もよく、追走に苦しむ事も無さそうなので悪くない、勿論ストレスに疲労は心配だが、あれだけLっぽい負け方をしてた馬が着差を詰めて来て勝ちまで持って来た、いわゆる集中状態に似ている、タイプや本質的に集中力が!というタイプではないが競走馬として長いキャリアの中で時にはSっぽく、そしてCっぽくなる時期が出て来てもおかしくはないと思う、勿論これは見せかけであって本物ではないので人気になったりするとプレッシャーで化けの皮が剥がされて生まれたての姿に戻されるって事にはなるとは思う、しかしLっぽい馬が暗示に掛かって「俺は今、ポジティブなんだぁー」って時期があってもいいと思う、それが今のケイデンスコールなのかな?と思っている、格上げ内枠でオプションとして異端スピード延長を持って来たので、もし前走のストレスを飛ばせるならこのタイミングだと思い、前走に引き続き本命にしてみたい。

◯パンサラッサ
▲コスモカレンドゥラ
ここからは短縮チームになるのだが、その短縮チームの中で関門橋ステークスはかなり早い段階からのスパート合戦になっており「急かす」という観点からはここの臨戦馬が一番スピード活性になってるかな?と見て◯▲に推してみた、この差は器用さと個体能力の差で上下させたがほぼ同じ扱いと見てもらっていいと思います。

△ヒシイグアス
特に大きく嫌う必要はないが前走の勝ち方がそれまでの勝ち方と違い過ぎて生命エネルギーを少し使ったのかな?と思う勝ち方であり、連チャンの3連勝とはまた違うリズムである、なので短縮で立ち遅れると多少ストレスが心配されるタイミングなので評価を落とした。

△クラージュゲリエ
集中タイプなのでこの枠はどうかな?ただ「勝てる位置」というルメールの専用スキルがあるし、この馬も現在集中状態ではあるのでスキルが発動されたらあっさりこなしては来るとは思う、日本人騎手なら確実に短縮で追走させられず大外からのレースで即死状態なんだけどね。

△トーセンスーリア
休み明けなのでボケてる可能性があり内枠で遅れてのリスクの中のこの人気なので落とそうかな?と思ったが3連系まで買うならここまで押さえた方がいいかなと判断したので印をいれました(^^)

◎◯▲の単がメインです。


阪急杯

◎インディチャンプ
いくら何でも舐められ過ぎだよ、グランアレグリアと対等に戦えて?アーモンドアイにも勝っている?…ん、間違ってないよね? なのにG1を勝ってもいない2頭に人気が寄るのはいっくんを舐め過ぎだよ……ん?いっくんが舐められてるのか?アーモンドアイに勝ってるんだよ!グァンチャーレには先着されるけど……ん?本命なんだよね?阪神カップを遊び過ぎで負けた後なので今回は「ビタぁ〜〜〜〜っと」勝てる位置に付けてあっさり抜けて来るよ、ね、いっくん(^^)

◯メイショウチタン
心の中の本命です、朝日杯で本命にしようか迷っていたくらいの馬で個人的には非常に評価している馬、会社、配属先、扱う人に恵まれない中、よくここまで上がって来たよ、そして漸くの重賞の舞台、鮮度もあり、集中状態で枠も良くタイミングとしては「ほぼ」満点である、唯一の欠点が14の連発感であり「リズム飽き」のパターンにハマる可能性もあるのでここだけが懸念材料かなと思っています。

▲ジャンダルム
あれだけリズム崩していたのに京成杯からの挙動がおかしい、ただ休ませたので、どっちに振れるのかがわからないのに人気なので強く評価はできなかった。

このページのトップヘ