重力重きものはレースの支配者

2013年05月

ロゴタイプが前、エピファネイアが中団、キズナが後方と見事に重さが分散された、こうなるとしっかりした武器を持った馬やリズム鮮度が生きてくる。

◎キズナ
ディープインパクト産駒のCMタイプ。疲労もあっただろうし、下げて外出してと色々大変だったと思う、ラジオでも本命にしたのだがやはりディープにしてはパワーがある。それにしても鮮やかであった。おめでとうございます。

○エピファネイア
シンボリクリスエス産駒のSL+++。
皐月のレコードの2着、馬体減とマイナス要素全開の中、道中あまりこの馬には良くない馬込みで完全に消えたと思った、しかしそこから出て来れる恐ろしい量!参りました。ビワハヤヒデの再来です(笑)菊花賞本命。いや確定です。

アポロソニック
自分の形を貫いたS系馬。人気でどうこうと言う馬では無いが人気のプレッシャーから外れ自分の形を出せれば今後も激走はあるタイプ、良く頑張ったと思います。

ペプチドアマゾン
タキオン産駒のLCタイプ。
従来のタキオン産駒ならば京都新聞杯は凡走していたはずでここで踏ん張れた所にこの馬のポテンシャルを感じた。調教も良く、パドックの気配も素晴らしかった。しっかり休養して欲しい馬である。

ロゴタイプ
ローエングリン産駒のS+C-
ラジオでも言ったが同馬は弱く無いし今日の負けは距離でも無い!ダービーと言うレースの質がこの馬に向いていないだけである、それでも崩れなかったのでやはり強い馬である、秋は天皇賞へ行ってもらいたい。

▲テイエムイナズマ
惜しかった!恐らく手応えもあったのだろうし騎手もびっくりしてたと思う、少し仕掛けが早くしかも大外へ、たらればはダメだが内目から斜めに外へと進路を取れば恐らくは……この馬はどこかで必ず穴を開けるので京都外周り等量を要求されるところで注意!

タマモベストプレイ
やはり少し優しいタイプだが非常に良い馬である、今後も上位が走れないレースで軽い延長or短縮で。京都1400ベスト。
コディーノ
エピファネイアが走れないと見たので対抗まで引き上げたがやっぱりダメだった、完成度で勝負するタイプなので皐月賞で恐らく完成度のアドバンテージがなくなっていたのだろう、残念だが今後はG3や条件揃ったG2で。

メイケイペガスター
良いSを持った馬なのだがそのSを操作するCや量が薄くどうしても前向きさが勝ってしまう。馬は非常に良い、折角武豊、横山典弘で調教されていたのだが…

マイネルホウオウ
激走の疲労を人気薄で打ち消せないかと思ったがどうもL主導なのであまり関係無かったよう、普通に疲労が出たレース、休み明け特注。

次走に向けて。
キズナは東京、京都で中山阪神でもパワーは有るので走れるがやや決定力が落ちる。
エピファネイアは神戸新聞杯は休み明けの量系で圧勝、菊花賞はL条件なので確定、有馬は3番人気以下なら勝負になる!
アポロソニックは神戸を控えて敗退、菊花賞で逃げるこれでアサクサキングスになれるかも。
ロゴタイプはセントライト記念を先行する事これで天皇賞で少し光明あり。
テイエムイナズマ
ファストタテヤマになれ!

さぁダービーです。上位安泰?ムード満点ですがほんとにそうかなぁ~(^^)

◎キズナ
ディープインパクト産駒のCSタイプ。毎日杯と京都新聞杯を連勝、間違いなく京都新聞杯は余計でしかも最悪の勝ち方、ストレスと疲労を残すのみで何も良くは無い、じゃ何故本命?それは皐月上位陣が安泰じゃ無い事、そして前へ重力が掛かりそうなので後ろは少しプレッシャーからは離れる、そして一応別路線圧勝なので流れはこの馬に向くと見たから、しかし間違い無く疲労は抱えてるので頭絶対では無い。

○エピファネイア
シンボリクリスエス産駒のSL+++
この世代屈指の量を持つ馬で圧倒的な存在感で他を圧倒するタイプ、疲労には意外と強いが弥生賞の時の様に皆が束になって掛かって来られると脆さを見せる特徴を持つ、要はストレスに弱い馬、なので中~外枠の方が良く、内枠だと揉まれて苦戦するので今回の枠は悪くは無い、基本スローの方が良いタイプなのだが能力が有る為世代戦でのスローペースはこの馬には遅すぎるのでやや速めの流れの方が良い、皐月上位陣で唯一評価したのは2走前凡走の為、皐月のレコードの疲労にもう一回耐えれると判断したから、しかし!この馬恐らくマイナス体重での登場となるので470k台に落ちていれば切ります。L系の量持ちに大幅減は一番厳しい要素なので。

フラグ(切り)ロゴタイプ
ローエングリン産駒のS+C-
まず、この馬は強いです。恐らくこの世代No.1だと思われます、じゃ何故切るのか?同馬はSの非常に強い馬であり中山の様な馬群が密集する場や消耗戦に高いパフォーマンスを発揮するタイプ、なのでダービーの様なばらける展開や少しの量を要求されるレースは同馬にとって真逆の要素を要求されるので高いパフォーマンスを繰り出すとは到底思えない、なので人気の面からも買ったとしてもリスクしか無くだったら切るのが妥当と言う判断、しかも皐月は位置取りショックを決めてのレコード勝ち。中山でのパフォーマンスが高過ぎる!ディープインパクトでさえこの様なパフォーマンスでは無かった。
あ、距離は大丈夫ですよ(笑)この馬を距離が!で切るのは超ナンセンスだと思います(^^)

ダービーは単勝爆弾のレースだと思うので◎○は連候補。

単勝爆弾馬
1,テイエムイナズマ
皐月賞6着、後方で死んだフリからの居合切りが炸裂するか?調教抜群でダービーと同じ量を要求される京都外周りでの重賞勝ち有り、140倍?

2,マイネルホウオウ
マイルカップを人気薄で激走した後の中2週でしかも量系、買う要素一切無しなのだがG1馬なのに全く人気上がらず、しかも調教で疲れている馬のタイムでは無かった、延長も良し枠も良し、柴田さんもう一回よろしくお願いします。

3,メイケイペガスター
走る気旺盛のフジキセキ産駒、武豊騎手が競馬を教え横山騎手が実行した共同通信杯、なのにその後の2戦で全て台無しにした後なので買い辛いのだが皐月も一応上がり最速なのでまだ走る気は萎えていない藤田さんにコンコルドの再現を。

4,レッドレイヴン
東スポ杯で「あ、今年のダービー馬だね」と思った感覚論(笑)

買い目
単勝複勝
1.2.3.4
三連単
1.2.3.4→◎○→◎○
馬単
1.2.3.4.→1.2.3.4◎○

もしエピファネイアが大幅減だったら○はコディーノへ移行します(笑)
ま、僕の予想が一番ナンセンスかもしれません(^^)

クロフネサプライズが速いペースで行き体力を問われたレース、ストレス、疲労を持つ馬や力関係で劣る馬には厳しい流れとなる。

メイショウマンボ
スズカマンボ産駒のL系で桜花賞は馬体を減らし、かつ勝ちに行く競馬でL系にとっては厳しいレースで惨敗、今回疲労、ストレスを抜き、馬体増に人気急落、そしてばらけた展開で摩擦も少なく体力と量を補完した同馬にとっては最高の形となった、それにしても鮮やかで素晴らしい騎乗だったと思う。

エバーブロッサム
ディープインパクト産駒のCMタイプ。
疲労はあっただろうが上手く集中力を生かせた、このまま休養して秋華賞に備えて欲しい。

デニムアンドルビー
この馬は量系か?疲労のあった中でのまさかの1番人気、流石にプレッシャーに潰されると思ったが最後方で摩擦の影響を受けなかった、結果周りが力尽きて行く中での着拾い強いとは思わない。

アユサン
連続激走で前走馬体大幅減、そして鞍上に再び丸山騎手、丸山騎手が悪い訳ではなく前走デムーロで勝たれた為、「自分も」という意識は絶対働くはずで桜花賞馬という称号も得た為人気になる中戦いに行くだろうと予測した、そうすると前走以上にプレッシャーが掛かり疲労が全面に出ると判断した為馬券では切ったのだがこの馬予想以上に強いかも、あの流れで勝ちに行き最後まで踏ん張った、秋華賞に1番近い馬である。

フロアクラフト
惜しかった!実際対抗にしたのだがフジキセキ産駒で集中力があり前走も自分で動いての2着、好走したのに単勝万馬券それはあり得ない、流石に最後よれた様に力尽きたがこの馬の評価は変わらない、強いです。

ローブティサージュ
ダートやマイル前後の消耗戦で。

トーセンソレイユ
体力の無い馬に先行、ちょっとかわいそうではあった、平坦のマイル前後で。

レッドオーヴァル
休養して下さい。

サクラプレジール
そこまで付いて行かなくても。

クロフネサプライズ
掛かったし、速過ぎるし、最悪の形だった、しかし勝つ為の選択であってこうするか後方一気のパターンしか望みは無かったと思う、その中での結論であり結果惨敗だが仕方ないと思う、この位の人気なのでリスクを背負って勝ちに行く姿勢は素晴らしいし、無難に乗って中途半端な着順でまとめられるよりは良かったと思う、LSタイプの馬で若い今はSが強く出てるので秋には少し制御されて出て来れば良いLSタイプの馬になれると思う、ローズステークスは確勝なはず。
非常に良い馬である。

すいません時間が無くって(笑)

◎クロフネサプライズ
○フロアクラフト
▲エバーブロッサム
△サクラプレジール
△スイートサルサ
△レッドオーヴァル

見解はMラジ聞いてね(笑)
http://keiba-know.seesaa.net/s/

ヴィルシーナ
タイムが遅いやメンバーが?等色々言われているが1番人気で競馬を先導しそして勝ち切る、文句無しに強い!宝塚でも期待できる。

ホエールキャプチャ
リズムを崩したS系馬、この馬の好走は今の僕には解明出来ない。

マイネイサベル
C系の集中状態で馬体絞っての内枠、そしてヴィルシーナの傍での競馬と自ら苦しい流れの中に身を投じる、しかしC系の同馬にはもってこいの流れ、最後敗れたのはヴィルシーナのCが同馬より上回った為で仕方ない結果、強い!

ジョワドヴィーヴル
素晴らしい追い込み、ディープにカーリアンなのでストレス疲労がない時の追い込みや逃げが嵌った、次走は切りで。

ハナズゴール
内へ入った瞬間に終了。

アロマティコ
最後方に徹する判断は良かったと思うが勢いがあったのだからもう少し真ん中辺りから抜け出して来ないと…そんな大外へ行ってもねぇ~

イチオクノホシ
よく頑張ったし勝ちにもきた、しかし疲労ストレスの中でのまとまりタイプは厳しかった。休み明け特注。

サウンドオブハート
とにかくゆっくり休んで下さい。

メーデイア
最悪の競馬だった、挑戦者だし人気薄、相手を見て競馬しては………

フミノイマージン
お疲れ様でした、ゆっくりとお休み下さい。

このページのトップヘ