重力重きものはレースの支配者

2013年10月

一番気になっていた馬場なのですが、やや重~良の間という感じか?

◎トウケイヘイロー
ゴールドヘイロー産駒のS系馬、軽い休み明けのS系逃げ馬、そして連チャン期だろうと思える充実度、鞍上武豊でレースの支配も出来る、そして高速馬場ではない、万全だ。

○ジェンティルドンナ
ディープインパクト産駒のSCタイプ。
SCタイプなのに量も保有しており休み明けは関係無し、宝塚記念でやや体力の限界を見せた同馬だが、今回そこまで体力は問われないと見た、それでも対抗なのは本命馬の方に勢いと馬場適性、展開面での劣勢感を感じた為。

▲エイシンフラッシュ
キングズベスト産駒のL系馬、集中力を備えたL系馬で弱い相手には崩れ難く、能力の低下もなだらかなタイプ、前走の疲労はあるだろうが、先行した事、メンバーレベルがあまり上がらなかった事で相殺出来るはず。

△アンコイルド
ジャイアンツコーズウェイ産駒のLorまとまり系。今回人気馬以外の馬でリズムを保有している数少ない馬、一度崩れかけていたのだがこの3走見事にリズムを取り戻して来た。上位に破綻があれば。

基本は印の4頭で、もし馬場の回復がイマイチならば上位破綻に賭けてフラガラッハ、トゥザグローリー、ナカヤマナイトを加えておきたい。

コディーノ
キングカメハメハ産駒のまとまり系で完成度で勝負するタイプ、したがって完成度のアドバンテージが無くなったと思われる今、この好枠、鮮度等オプションがあるのだが厳しいと思われるし、この枠意外と苦にする気がする。

ナカヤマナイト
ステイゴールド産駒なのだがどうも集中力という感じがしない、G1でことごとく跳ね返されているので好枠でも厳しいか?鮮度も無く。

ダイワファルコン
ジャングルポケット産駒のまとまり系でやや、Sの勝ったタイプか?中山の方が合っている印象だが東京もそこまで悪くはない、前走の先行も悪くないのだがやや鮮度に欠けるので活性化と人気からの解放でどこまで。

トゥザグローリー
キングカメハメハ産駒のL系馬、前走はゴールドシップの撹乱に惑わされずよく頑張っていた、おそらく厳しいと思われるのだが一応自ら動いて勝ちに行った前走は評価している。

レインスティック
鮮度はあるのだろうが前走ダウンの人気落ちに反応した後の再度アップ戦、苦しいだろう。

エイシンフラッシュ
キングズベスト産駒のL系で毎日王冠を休み明け、人気落ち、少頭数とこの馬には全て方向で恵まれていた、今回多頭数、やや内目の枠、人気アップとおそらく厳しい方向に流れるはずで厳しいのだが、スロー先行のチョイ差しで疲労軽減、メンバーレベルの停滞など走られる可能性が多いにあるので切るのは危険。

ジャスタウェイ
ハーツクライ産駒のLSタイプ、同馬は好走の反動が大きい馬で1にも2にも疲労が有るか無いかに尽きる、今回関屋記念を追い込んで2着からの毎日王冠を馬体を絞って先行での2着、今回どう出るか?おそらく疲労となって現れると思われる。

ヒットザターゲット
激走後なので厳しい。

ジェンティルドンナ
ディープインパクト産駒のSCタイプで量もそれなりに備えているタイプ、なので休み明けの体力万全の時は崩れにくく枠も悪くない、昨年のジャパンカップで大きな鮮度の解放を行っているので鮮度のアドバンテージはなく、ややリズムにも波が出ているので使われて行って良くなるタイプでも無く狙うなら人気でもここしかないと思われる。

トーセンジョーダン
ジャングルポケット産駒のまとまり系、流石に勢いを失っており、前走も道悪だったにしろ5.2秒負け後にG1で買えと言う方が無謀だと思うのだが。

トウケイヘイロー
ゴールドヘイロー産駒のS系馬で逃げという確固たる武器を持つS系馬。古馬G1初で鮮度もあり休み明けの逃げ馬で鞍上武豊なので格も保有している為レースを支配出来るはず、やや不安定だった短距離戦から中距離に代わり安定感も増して来た、ジェンティルドンナと一騎打ちか?

フラガラッハ
デュランダル産駒のS系馬で非常にコントロールの難しいタイプなので極端な戦法でこその馬である、今回雨で馬場が渋り他が苦にする様な展開だとスバっとがあるので一応気にしておくべきだろう。

アンコイルド
ジャイアンツコーズウェイ産駒のL系馬、今回のメンバーの中で人気馬以外で唯一リズムを保有している馬で侮れない、鮮度もあり簡単に切ってはいけない、おそらく疲労はあるだろうが人気のプレッシャーがない分軽減されるので怖い1頭である。

オーシャンブルー
ステイゴールド産駒のC系馬、前走休み明けの大幅馬体減、陣営は何をしていたんだろう?その割に馬は頑張っており、おそらく精神の破綻はまだ起こっていないと思われる、今回馬体増で内枠ならと思っていたが痛恨の外枠、厳しいか?

レッドスパーダ
存在としては非常に面白く前が軽くなるレースで距離を嫌われての人気薄なら面白かったのだがトウケイヘイローとジェンティルドンナに挟まれる展開、流石にプレッシャーに耐えられないだろう。

ダノンバラード
ディープインパクト産駒のまとまり系、人気、レースの格などに非常に敏感な馬でプレッシャーに弱いタイプ、狙うならこの後の金鯱賞だろう。もちろんG1なんかで買う馬ではない……ん?

ヴェルデグリーン
ジャングルポケット産駒のまとまり系なのだがややS質に寄っておりオールカマーを勝ったのに人気が上がらないというのはこの馬にとっては恵まれた、しかし外枠からこのクラスで勝てるだけの量は無く流石に厳しいと思われる、尚フォトパドックで見た馬の中で私自身はNo.1の馬であった。

現時点での予想
◎トウケイヘイロー
○ジェンティルドンナ
▲アンコイルド
△フラガラッハ
△エイシンフラッシュ

エピファネイア
文句なし!掛かって十分、何も問題ない!この馬のS質はウィークポイントではなくチャームポイントだ(笑)この世代ではおそらくキズナより強いと思われる、ジャパンカップはパスして有馬記念なら確実に連に絡める。

サトノノブレス
鮮度ねぇ~、まとまりの人気落ちにも反応した、このような他馬が力を出せない状況だと必ず上にいる馬である。
ダウンの人気落ちで。

バンデ
溜め逃げ?ま、しかしエピファネイアのマークがありながら良く頑張った!L系真っ只中なので淡々したした流れでのレースで買う事、次走アルゼンチン惨敗からの有馬記念で。
出られないか(笑)

ラストインパクト
惜しかった。まとまり系の人気落ちで楽に追走、力は出し切っただろう、次走人気は確実なので疲労で?

ケイアイチョウサン
文句なしでしょ、十分闘った、タッチミーノットの乗り方を反省したのかこの所少し前向きになっている、あ、騎手がね。馬は体力不足なので1800付近の内枠で。

フルーキー
やるやん!ま、まとまりなので人気急落での特殊馬場、次走疲労なければマイル前後の重賞でも。

マジェスティハーツ
前哨戦が全力だったのでしょう、仕方ない、ハーツクライのタイミングでもなく。

ユールシンギング
量産型エピファネイアではなかったと言う事で(笑)


馬券は外したがとにかくエピファネイアが勝って良かった、来年はこの馬中心で動いて行く事になるだろう、エピファネイアのS質の低下時期を見極めること、おそらく秋天辺りか?

時間がぁ~

◎デニムアンドルビー
○ウリウリ
▲シャトーブランシュ
△セレブリティモデル
△ティアーモ
△リボントリコロール
△ノボリディアーナ
△ローブティサージュ

京都大賞典
ヒットザターゲット
買える人に何故って聞きたい。

アンコイルド
リズムを崩していたS系が再びリズムを取り戻して来てはいたがこの軽い条件で走れるとは思わなかった。

トーセンラー
強いレースをしている、ゴールドシップを倒しに行った結果なので仕方ない、よく戦っている。ただこの後どこに使うのかな?

ゴールドシップ
なるほど、この馬の最大の弱点が分かった、この馬はレースを支配する事が出来ない!能力がめちゃくちゃ高いセカンドクラスの馬である。宝塚記念の様なレース質で。

ニューダイナスティ
流石に早かったね(^^)しかし戦いに行っているので何も問題はない、よくがんばった。

ヴィルシーナ
C系なので休み明けがイマイチなのは仕方ないがやはり男馬の中に入ると体力不足!

毎日王冠
エイシンフラッシュ
格は間違いなくNo.1、少し舐められたか?休み明け、ダウン戦、少頭数とL系には絶対的はオプションが付いていた、完勝、ただこれで天皇賞は厳しくなった。

ジャスタウェイ
マイナス体重だったので前走の疲労に掛けたが乗り切った、ただ激走後は走れない馬なので次走は?

クラレント
ストレス、疲労が無ければこれくらいは走れる、ジャスタウェイとよく似ているがこちらのほうがやや疲労には強そうなので次走も舐められたら面白い存在。

エキストラエンド
期待したが…単純に能力不足。
ダークシャドウ
もう厳しく。
コディーノ
もう、完成度のアドバンテージがないのでローズキングダムの末期状態だろう。
ショウナンマイティ
状態の問題なので(^^)素人が見ても分かるくらい元気はなかったね。


タッチミーノット
状態は良かったと思う。直ちに乗り役を変更して再スタートして頂きたい。

このページのトップヘ