重力重きものはレースの支配者

2014年10月

ジェンティルドンナ
能力低下中のディープ産駒でもう鮮度も無いので苦しい、ここ差し凡走後延長スローの内枠で先行する条件でのジャパンカップか最後の狙い目か?

でも、この臨戦別に悪くないよなぁ~

ヒットザターゲット
前走最速で上がって来た京都大賞典使用馬で何と他にいない異端ローテの短縮馬、リズムも4.4着と崩さずストレス疲労も残さない非常によいパターン狙ってみたいが果たして内へ突っ込めるか?

デニムアンドルビー
昨年のジャパンカップで鮮度の解放を行っておりストレス疲労ない休み明けなのだが厳しいか?Lベースの馬なので枠も微妙。でも、同馬としては走れる状態ではあると思う。

スピルバーグ
ディープの初古馬G1で枠も悪くない、藤沢厩舎なのでベースがL化してる可能性もあり毎日王冠追い込み好走後の延長で体力切れを起こす可能性がある、狙ってみたいが人気も微妙にしており紐までか?

エピファネイア
ご存知ビワハヤヒデ2世(^^)
現役最強の量を保持しており体調が良ければまず崩れない、もちろん狙ってみたいが、極上のリズムで挑んだビワハヤヒデがケガもあったがまさかの5着、とにかく前に行って強引にでも早め先頭で押し切って欲しい。溜めるなよ、○永さん!

ダークシャドウ
枠良し、人気急落良し、手を出したいんだけど……ダメだろうなぁ~
まとまり系に移行しており上位の破綻があれば掲示板には顔を出すか?

サトノノブレス
春天でディープの初古馬G1のオプションがありながらの凡走でダウンの小倉記念に反応した、そう、いらないのである。

ディサイファ
ディープ産駒なのだがややパワーに寄った珍しいタイプのディープ産駒、なのでディープの初G1というオプションに恐ろしく反応はし辛いかも知れないがそれでも魅力である、小島先生+20kgとかは止めてね!

フェノーメノ
ステイゴールドなのだがデインヒルな奴それがフェノーメノ、もちろん休み明けの臨戦は悪くないのだが一昨年が最高のリズムで2着、鮮度が無くそれ以上を望むのは酷か?春天を連覇した様にやはりまとまりベースが強く出てるので…

ペルーサ
微妙に毎日王冠で走ったペルーサくん、まぁ延長の臨戦は悪くないけど(^^)逃げる?それなら少し買います(^^)

ラブイズブーシェ
さぁC系です、一時リズムを崩していたがここに来て持ち直しており目黒→函館の臨戦後の札幌記念(G1)の内容は素晴らしい、馬体の大幅増減が無ければ狙ってみたい一頭である。

フラガラッハ
さすがにここは苦しいか?
ん?オールカマー最速上がりの短縮馬?困ったなぁ~

カレンブラックヒル
S強く他馬のリズムに合わせて走るとダメな馬で当日雨降って逃げれば面白い一頭かも知れない。

マーティンボロ
遅生まれのディープ産駒で恐らく今能力の最盛期であろう、リズムもよく、もちろん初G1、当然狙うが母方が何とヌレイエフ!もしかしたらG2までは威張れるがG1になると途端にまとまってしまうかも、これ以上の人気は厳しいのでこの辺りで何とかして欲しい。

イスラボニータ
超本格派なのだが母方のゴジーンが行き過ぎる気性を上手くコントロールしているタイプなので安定感までありどうしようもない馬しかし実は一連の流れのローテーションの中で短縮で迎えるのが初めてであり先行して他馬のプレッシャーをがっつり受けるととりこぼすかも差して欲しい。

トーセンジョーダン
誰だ君は?
ジャパンカップ3着何故?

アスカクリチャン
この血統でダート走れない事が素晴らしい(^^)オールカマーの内容悪くは無いがやはりリズムが悪すぎる。

マイネルラクリマ
本命の予定だったのにT^T
しかしあまりにも痛すぎる大外のC系、スタート普通に出て少しずつボジションを上げ内に入れて行きラストは3列目位からの差しなら何とか光明はあるか?大知くんにそれを望むのは酷か……
仕方ない、有馬記念で内枠引けよ!

と、言う事で現時点の印。
◎ディサイファ
○エピファネイア
▲マーティンボロ
△イスラボニータ
△ラブイズブーシェ
遊ヒットザターゲット

京都はやっ!

◎トーホウジャッカル
強い!しっかりSをコントロールできた、というかコントロールできる流れだったかな?前目に有力どころが集まる中内でしっかり集中力を高めた、そしてマイネルが動いたところで、すかさずその外へそのまま一気にSの解放!文句無しであろう、次走有馬?勿論買います。

サウンズオブアース
これはどう転んでも今の僕には買えない。京都新聞杯→ダービーの過程であれだけ惨敗しているので適正以前に疲労で崩れたとしか思えず今回神戸新聞杯激走→菊花賞、適正があったとしても疲労レベルで絶対に買えなかった、しかし来てるという現実がある以上、そしてその激戦と思われた3着馬が勝っている事で3歳時は疲労よりもリズムを優先するべきなのだと痛感させられた一戦でもある。

ゴールドアクター
確かに勝負付けが済んでからの突っ込みなので特に評価もできないが、夏場にしっかりリズムを付けて来た、そしてその夏場を共に1番人気1着と極上のリズムだったという事これが今回の菊花賞という事なんでしょう。

△タガノグランパ
やはり良い馬である、恐らくSの勝ったタイプなのだろうが従順さも持っている、なのでまとまりの様な成績になっているのであろう、ただし人気になればあっさり飛ぶ可能性があるので気をつける事。

ショウナンラグーン
上位の破綻が起こったのでここまで着順を上げられた、1度1800前後のレースで見てみたい。

▲→○サトノアラジン
素晴らしい騎乗だった、久しぶりに武豊の全盛期の感じを受けた騎乗であった、とにかく馬体が合わさるとダメなので外枠からスッと先行して外から来られる前に抜け出してのレースか、腹を括っての最後方からのレースか、どちらかしか活路は無かったと思われこれ迄のレースっぷりから前者を選ぶであろうと思っていた、そうなると人気急落のカードしか使えず頭までは厳しく来ても2.3着が良いとこだと見ていた、ところがスタートがややもっさり出たのもあるが全く行く気もなく恐らく鼻から後方待機のレースをするつもりだったのだろうこうなると位置取りのショックも掛かり頭まで突き抜ける可能性が出て来た、しかもガッツリ可能性があったと思われた要は浜中騎手は着を取りに行ったのでは無く、頭を狙いに来たのだ、勿論失敗の可能性もあり、現実に最後の最後でタガノグランパの斜行に全てを奪われたがこれは勝負しに行っての結果で最後も内に突っ込み充分戦う姿勢は感じ取れた、結果は残念だったが馬券を買って良かったと思う負け方であった。
惜しかった、惜しかった。

○→▲ワンアンドオンリー
外枠から外々をぐるり、S系馬には厳しかったしかし疲労で負けたイメージではないので次走も注意は必要であろう。

トゥザワールド
やはり現時点ではSがかなり出ており、この延長はワンアンドオンリー以上に厳しかった、ただ有馬記念は買います。

とにかくトーホウジャッカルは戦績も浅くまだまだ成長する余地も秘めている、この世代はイスラ一強かと思われたがもしかしたらと思わせるレースっぷりであった、ただしS主導は確実なのであれっと思う凡走もありそうなので安定感を求める馬でもないと見ておいた方が良いでしょう。マヤノトップガンのイメージですね(^^)

う~ん( ̄▽ ̄)

◎トーホウジャッカル
スペシャルウィーク産駒のS系馬。
2走前条件戦使用で神戸新聞杯人気薄の激走後、そしてS系の延長でコントロールに苦労する可能性、更に今回穴人気どころか普通に人気馬!、いやらしい条件が一杯で怖いのですが重賞2走目の鮮度と明らかにS系の連チャンを示唆する様な神戸のラストの脚、人気になろうが疲労があろうが今回はこの馬から行きます。

○ワンアンドオンリー
ハーツクライ産駒のS系馬。
前走マイナス体重での出走で捲ってのラスト猛烈な叩き合い、疲労怖ぇ~!しかし疲労には1回は耐えるハーツクライ、そして延長に強いハーツクライ、更に前走で漸く1番人気1着のオプションを取得、この実績で2倍後半の単倍率、買います。

▲サトノアラジン
ディープ産駒のまとまりタイプ。
とにかく混戦に弱いタイプ。しかし今回初めての人気落ち、そしてワンアンドオンリーが前走ほど早くは動かないと見た展開の利、うん、さすがにこの人気落ちは反応するよね。

△タガノグランパ
とにかくどんな条件でもしっかり走れるタイプ、そして頑張っても頑張っても人気にならないこういうタイプはここでもそこそこ走れる、人気のプレッシャーが無いのは大きい。

以下
マイネルフロスト
ハギノハイブリッド
この2頭は京都でお待ちしておりましたのでお迎えに上がります。

やっぱりリズムG1でしたね(^^)

▲ショウナンパンドラ
スタートして馬群が2つに分かれる展開の丁度真ん中の辺りでぽつんと走っており、リラックス全開だったであろう、そして勝負どころで迷わず内へ潜り込み見事に割って出て来る。前走の疲労はあっただろうが素晴らしい騎乗とそれに応えたパンドラを賞賛するべきでしょう。
おめでとうございます!

△ヌーヴォレコルト
この位置はほんとに予定通りでした(笑)
乗り方や馬は何も悪くないし寧ろほぼ完璧だったと思います、これがG1での1番人気なんだと思います、ここで押し切れたら名牝へ駆けあがれるんだと思います。
今回ヌーヴォレコルトは頑張りました。

×タガノエトワール
惜しい!おそらく恐ろしい程の手応えだったのだろう、ヌーヴォやリヴェールより早く動き正にエトワールが1番人気?って感じのレース運びでした、もちろん勝ちに行く事は悪くないしこの結果は素晴らしいと思います、15番人気激走後でこの走りができるのだから本物でしょう。

ブランネージュ
まとまり系競馬サロンMラジ!ま、軽い宣伝ですが、正にまとまり系でした。
クリスエス産駒の割にはしぶとさがあり今後も人気馬が走れない、好走したのに人気落ちなどに注意でしょう。これも惜しかったね(^^)

サングレアル
レースっぷりを見て、あ、意外と精神力しっかりしてるかも!と思っちゃいました、ただやはり身体が無い!残念。

○レッドリヴェール
う~ん、時計が速かったので、馬群がバラけたので……う~ん、ローズである程度見切ったのだがやはりあの集中力が忘れられず期待したのだが……

◎オメガハートロック
ゆっくり見てあげましょう(^^)

バウンスシャッセ
この馬は良い馬なはずなんだけど……宗像厩舎への移籍を希望します(笑)

ペイシャフェリス
よく行った!その姿勢は評価します。

彼は本当に内付けるのかな?

◎オメガハートロック
ネオユニヴァース産駒のSCタイプ。
東京の緩い新馬を間を割っての新馬勝ち、この勝ち方で中山のフェアリーステークスで1番人気、根幹多頭数の内枠で坂があり体力も要求されるレースで緩い経験しかない馬がこれまた馬群を割って出て来た、正直びっくりしたのを覚えている、今年の3歳牝馬のレベルはかなり低く9ヶ月の休み明けがハンデになるほどのメンバーでもない、そして唯一重賞1番人気1着を保有しており大本命馬がこの精神力を問うオプションを保有していない、やや先物買いの感もあるが潜在能力に期待したい。

◯レッドリヴェール
ステイゴールド産駒のCSタイプ。
ややリズムを崩しかけている現3歳牝馬最強馬の1頭、しかし惨敗の一回は完全な体力切れのダービー、そして前走のローズステークス、しかしそのローズステークスがリズムを完全に失った馬にしては踏ん張っており今回内寄りの枠で軽く馬体を絞って出て来れそうでG1の流れも助けとなりステイゴールド産駒特有のC系の巻き返しが期待できる、もちろん能力はこのメンバーなら断トツであろう。

▲ショウナンパンドラ
ディープインパクト産駒のまとまり系。
前走からの比較でG外からG1へのアップ戦でありしかも雨でかなり反動出そうなレースをしており疲労にあまり強くないディープ産駒にとってはマイナスなのだが同馬は母方からパワーやスタミナを受けている印象がありややタフなタイプかも知れない、それならリズムG1である秋華賞へ向かって視界は開けたという感じか?

△ヌーヴォレコルト
ハーツクライ産駒のS系馬。
実績、臨戦ともほぼ文句無し!ただ重賞で1番人気1着がない断然人気、このプレッシャーに打ち勝てるか?

×マーブルカテドラル
ペイシャフェリス
ハピネスダンサー
タガノエトワール

このページのトップヘ