重力重きものはレースの支配者

2014年12月

今年最後の更新になります!
今年はほんとにブログの閲覧数等が伸びまして、ちゃんとしなきゃって思いました(^^)結果色々な方面から沢山の応援メール等いただきまして本当に感謝しています。
来年はディープ産駒に逆らわない年になりますので的中率も上がると思います(笑)もっともっと皆様の参考になる様な素晴らしいブログにして行きたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します。

それでは皆様後約1時間半ですが良いお年をお迎え下さいませm(_ _)m 琢

さ、今年最後です、基本地方は買わないのですが今回はちょっと流れそうなので予想しちゃいます!

◎コパノリッキー
逃げられなかった逃げ馬でやや早めで行ってもらってホッコーの脚を鈍らせて欲しい。

○ワンダーアキュート
確実に先行します(笑)そう位置取りショックです、武豊です!

▲ローマンレジェンド
リズムを取り戻したS系馬、疲労あるが地方戦ならリズム優先。

◎の単勝
◎○▲の馬連、3連単。
計10点

いやぁ~!いやぁ~!いやぁ~!
ま、良かった(^^)とにかくディープが勝って欲しかった、今年の有馬記念はほぼこの一点でした、良かった(^^)

△ジェンティルドンナ
ここに来て1番強い競馬をしたのかな?1000m通過が1.03秒のスロー!これを見た時絶対ディープ産駒が来ると確信した、そして4コーナーを見た時ジェンティルドンナが勝つと確信した、週中根幹で崩れたので評価を下げたのだがパドックの気配と人気を見て「あ、死んでないな!」と思い急遽買い目に追加!そして見事に最後併せると強さが半減するエピファネイアを競り落とし有馬記念制覇、恐れ入りました、そしてお疲れ様でした。
今年最初の僕の評価が間違っていた事を御報告致しましてジェンティルドンナの回顧とさせて頂きます。

トゥザワールド
キンカメ産駒でグローリーの下なのだが今日の成績をみてももしかしたらL主導ではないのかも知れない、鮮度が良くそこそこ走れる状態にはあったので後は考察でも述べたがとにかく隠れていてくれと思っていた、そしたら道中中団の内で見事に隠れており見事に内から抜けて来た、L主導でもストレス等なければ内は突けると思うのだがそれは相手が垂れていたりした時でありみなそこそこ伸びている中で内を割って来たところを見るともしかしたらS主導なのかも知れない、今後どの様なローテーションを組んでくるかわからないが動向に注目したい。

△ゴールドシップ
やっぱりこの条件では強い!ただ今回一点失敗とは言わないがやや消極的になったか?と思われたのがスタート抜群だったのに控えてしまったところ、あのまま強引に行かれたら正直わからなかった、それでもこの条件の上位ステイゴールドは強いだろうと再認識させられた一戦であった。

ジャスタウェイ
抜群のスタート、そしてやや下げ後方のポジションに道中も悪くはなかったのだがやはり見事に大外の大外へ、そして外へ行く時にお決まりのスピードダウン、勿体無い、今日1番強いのはジャスタウェイなのかなぁ~と思わせられるだけの伸び、S主導でラストスピードを落とすリズムの悪いレースでもここまで来れるジャスタウェイ文句無しの世界チャンピオンです。こちらもお疲れ様でした。

△エピファネイア
川田さん、素晴らしい位置取りで素晴らしい道中の進め方!4コーナーまでは勝つか?と思わせた、ところがラストに来てテン乗りの弱点が露呈されてしまった、そう他馬を待ちやがった!同馬は疲労ではほぼ負ける事がないと思っている馬でもし負けるなら擦られて擦られてのレース中に受けるストレスでのみと思っており直線入口まで他馬を待った為ジェンティルドンナに併せられてジエンド!あのまま強引に先頭に立って行き切ればおそらく残っていただろう、ちょっと勿体無かった、それでも十分強さは見せているので来年も期待しましょう。

ラストインパクト
ディープの流れになったのだがやはり何かが足りなかった、やはり基本はG3ホースである。それでも頑張っていておりやっぱり今回はディープインパクトが走れる中山であるのである。

◎トーセンラー
十分する事はして頂いた、坂で完全に踏ん張れなかったので結果やはり京都向きなのだろう、それでも頑張っているので何回も言うが今回はディープの流れであったのである。

デニムアンドルビー
やっぱりディープ、そうやっぱりディープの流れだったのである。

ラキシス
○一瞬出て来れそうだったのだが…こちらはほぼ100%のレースをしている、鮮度のあるディープだったのだがやはり牝馬、体力まけをしてしまった。それでも惜しかった。

▲ヴィルシーナ
こちらもやる事はしっかりやれた、行くだけ行ったので十分です、良く頑張りました。

実は馬券は馬連、3連複が当たってました(笑)BOX買いをしておりワールドを鮮度でなんとか拾っていました(笑)
とりあえずこれだけディープディープって言ってましたのでとにかくディープが勝ってくれて良かったです。

厳しいかも知れないがディープ狙います!

◎トーセンラー
位置取り、マイルからの異端ローテーション、そしてディープの流れなら内枠は十分こなせるはず!

○ラキシス
これまたディープ!牡馬混合G1初登場、ディープの鮮度馬買います!

▲ヴィルシーナ
またまたディープ!逃げられなかった逃げ馬、宝塚記念好走で体力はある、逃げてくれ!

△エピファネイア
この馬に疲労は関係無し!いつもの様にしっかり前受けしてくれれば豊富過ぎる体力、量で押し切れる!

△ゴールドシップ
阪神、中山に特化したタイプ、色々注文があるだろうが上手く先行できれば体力で押し切れる!

△ワンアンドオンリー
外枠でSを上手く制御できなかったこの2走、今回内枠で制御が効けば面白い!

△ジェンティルドンナ
人気落ち、そしてS質なら交互で走れるかも!

さぁ皆様今年最後です、好きな馬、ピンと来た馬、自分を信じて当てましょう!

唐突ですが、サンデーサイレンスとディープインパクトどちらが種牡馬として優れてると思われますか?
もちろんサンデーサイレンスだと思います、しかしディープインパクトはこのサンデーの記録に近づいて来ており今やサンデーより高い評価を受けている事もある、だがよく考えて見て欲しい、サンデーサイレンスがこの日本に出て来た時日本はまだ血の多様性がありレースによってその主導権を握った馬の流れがあり多様性があるので色々なパターンのレース形態があった、そうここで天下を取るにはこの色々なパターンを克服して支配する必要性がありとてもじゃないがあの時の様に全てに対応し、独占できる種牡馬なんて今後絶対現れないと思われます、じゃなぜ今ディープがここまで活躍できるか?これは私の勝手な判断なのですが今はサンデーの血が入った馬が殆どでリーディングの上位も殆どがサンデーの後継である、そう現在は血の多様性が無くなってきておりレースの形態も殆どがサンデーの流れになりそこでのみ対応できている馬が必然と上位に来ている、その中でディープインパクトは繁殖の質にも恵まれているのもあるが非常に鮮度が生きるという特性があり、これが現在の形態のなかで非常に有効に働いている為だと思われる。
ここで今回の有馬記念なのですが確かにデータ的に見ても中山の長い所で良績が無いのは一目瞭然である、しかしディープ産駒の良質な馬達は東京や京都の大きなレースを目標にされる事が多くあまりこの有馬記念の様なカテゴリーに一流馬は出て来ない、現に有馬記念は過去にダノンバラード1頭だけとなっている、何が言いたいかと言うとディープ産駒が走れていた血の多様性のない舞台になり難くこの様な異質な状態ではサンデーサイレンスの様に何でも対応できるだけのポテンシャルが無いのでどうしても活躍し難い条件になるからである、ところが今回何と7頭もの産駒がエントリーしておりこれは今までの有馬記念と大きく違う所でこうなるとディープ産駒の馬がレースの流れを作る可能性が非常に高く、おそらくディープ産駒のG1馬であるヴィルシーナが逃げ2.3番手にディープ産駒の名牝ジェンティルドンナがいる、そしてラキシス、サトノノブレスも前に付けるだろうから確実に血の多様性の無い流れになりディープ産駒がレースを支配する可能性が出てくる、こうなればディープ産駒が走れる地盤が出来上がりやすくなりこの7頭の中でより鮮度の高い馬が必然的に上位に来る可能性があると思われる、ここでこのディープの天敵であろうと思われる種牡馬がもちろん有馬記念にも参戦しており、集中力に溢れるステイゴールド産駒、トニービンを内包する産駒、突然変異系の産駒、現在この3パターンがディープの天敵であると思われそれに該当するのが
「ゴールドシップ」
「ジャスタウェイ」
「エピファネイア」
である参ったみな人気馬である、この3頭全て歴史的名馬になれる可能性があり全ての形態に対応して来る可能性がありとっても厄介なのだが、今回初めていつもと違う有馬記念になりそうなのでこの血の多様性の無くなった有馬記念、ディープ産駒を狙って見てもいいのではないか?
さ、この決断が良い方向に出る事を期待して明後日のゲートインを心待ちにしようと思います。

長々とお付き合いして頂きましてありがとうございましたm(_ _)m

このページのトップヘ