重力重きものはレースの支配者

2016年03月

速いわ!傾向変わり過ぎて対応できんだわ!

ビッグアーサー
まとまって来たタイプなので摩擦の薄い時計決着になれば飛んで来る、枠にも恵まれ鞍上の得意技「待つ」というオプションにも助けられ見事勝ち切った、混戦タイプなのだが極限になると投げ出すめんどくさいSCタイプなので今後のスプリント戦線では苦しいかもしれない、マイルに行ってみよう!

ミッキーアイル
前走で相変わらずのスピードを見せたタイプで今回もこの馬場に恵まれた1頭、こちらも時計勝負には強いので変に抑えずにバテてもいいので常に行くだけ行って欲しい。

アルビアーノ
S特化で上手く乗られていたが上位とは軽さの差だろう、こちらはもう少しパワーを優先されるレースで買いたい。

アクティブミノル
差しに回る位置取りショック、しかし近走のリズムから考えるとなぜ走ったのかわからないが、こういう馬場に適正があったのだろう。

レッツゴードンキ
詰まりまくっており、それでも前へ前への気持ちは伺えた、今日の様に自然と差しに回る位置取りショックは合う、常に穴で注意しておいた方が良いだろう。

ウリウリ
結局人気していた、そうなると勝つ為に何かをする作業が必要となり馬にもプレッシャーが掛かる、こうなるとまとまってるタイプなので対応できなかった、人気馬の回避は痛かった。

ヒルノデイバロー
全くダメだった、しかしこれでいい!ここで変に対応されると本来のパワーが生きるレースでの対応も甘くなるだろうから、ダメなところはダメでいい、もちろん次走も狙う。

エイシンブルズアイ
ストレス、疲労があるのにそこそこ来れた、これはペースが上がったが摩擦は少なかった事と前が走れなかった為の破綻の賜物だろうと思う。延長向きなのでマイルでも面白いかもしれない。

馬場がわからなすぎる(・_・;

◎ブラビッシモ
○ヒルノデイバロー
▲ウリウリ
△サトノルパン
△………ビッグアーサー………

簡易ですみません!

さぁ23:00頑張って行ってみよ!

ブラビッシモ
ファストネットロック産駒のS系
戦績を見ると連勝するタイプではないので基本一戦必勝馬なのか?とにかく一戦一戦を全力で走り切る馬なので反動が出やすいのかも知れない、なので前走初重賞で5人3着、おそらく走った方だろうと思われる、しかし高鮮度と内枠とても魅力的である。

ウキヨノカゼ
オンファイア産駒のS系。
昨秋の連チャンっぽい挙動からのこの春初戦の負けっぷりが不振期突入感があるのだが母父フサイチコンコルドなのでL的要素もありそうなので巻き返せる可能性も秘めた馬、しかし枠的にあまり内枠タイプでもなさそうなのでほんとに微妙な位置の馬である。

サクラゴスペル
サクラプレジデント産駒のC系。
スプリンターズステークスを休み明け好走しており休み明けとなる今回バッサリは怖い、枠も良く馬体を戻して来ていれば少し考慮しなければならないか?

ビッグアーサー
サクラバクシンオー産駒のSC。
非常に精神構造の強い馬でチャンピオンとしての資質を備える馬である、しかしどうも北九州記念辺りからややまとまり出して来ており破壊力が薄れた印象の強い馬になってしまった、いくら前走外枠で外々を回って来たにしても短縮で差しに回ってのあの結果はやはり物足りない、今回やっと人気落ち取れるか?と思ったがまさかの想定1.2番人気が回避で結局人気する羽目に、内枠引いたのでそのプラス材料だけでどこまで頑張れるか?できれば切りたい。

スノードラゴン
アドマイヤコジーン産駒のLS
体力、パワーが凄まじい馬で上がりが掛かれば待ってましたとばかりにやってくるタイプだろう、しかしストレスには弱そうなのでこの枠は良くない、しかも長期休み明けを激走した後なので流石に反動が心配である。

ミッキーアイル
ディープインパクト産駒のCS
この馬はややこしい馬でSのリズムでのびのび走らせると頑張るタイプでC質も持っている為に最後の一押しも効く馬である、
しかしこちらもあまり疲労、ストレスに強いタイプではなく逃げ馬の短縮で楽になる事も考え辛くやはり評価し難い、切りが妥当か?

サトノルパン
ディープインパクト産駒のまとまり系。
ディープ産駒の古馬初G1で鮮度はある、しかも交互のリズムで走れるタイミングである、エリモピクシーなので軽いタイプなのでパワーが要求されると厳しいが時計が速くなるようだと考慮しなければならないか?

アルビアーノ
ハーランズホリデイ産駒のS系
非常に旺盛なタイプで道中リズムを崩さなければキッチリ走ってくるタイプで今回コースも広くなりのびのび走られたらあっさりやられる可能性が高い馬、前走も1人5着でしかもそこそこの不利を受けて尚リズムも崩さなかった本命候補である。

ティーハーフ
ストーミングホーム産駒のまとまり系
体力はある馬なのだが流石にリズムが悪過ぎる、どこかで活性化があればとも思ったがそれも乏しい、厳しいか?

アクティブミノル
スタチューオブリバティー産駒のS系
逃げれば逃げられなかった逃げ馬だがこちらも流石にリズムが悪過ぎる、ハイペースを演出する最低限の仕事はして欲しい。

レッツゴードンキ
キングカメハメハ産駒のLS
しかしキンカメ産駒にしては抑えの利かないタイプで現状スプリント戦がベストかも知れない、流石に今回はスムーズに走れるだろうしペース上がって差しに回る位置取りが掛かれば短縮オプションもあり大激走があっても驚けない、差し経験もあり何と言っても桜花賞馬!格もある。

ウリウリ
ディープインパクト産駒のCL
この路線ではS薄くずっといらないと言って来た、しかしやっとやっと人気落ちのこのタイプにとっては非常に大きなオプションが取れたと思い月曜日段階ではド本命の予定でした、何とかリズムも保有しておりチャンス!と思ったがまさかの人気馬回避で結局人気に、残念でならない。

エイシンブルズアイ
ベルグラヴィア産駒のCL
こちらもS薄くこの路線のG1とまで行くと流石に足りない、しかも前走見事に位置取り短縮を決めており流石に反動の番だろう、これは切りで良い。

アースソニック
クロフネ産駒のSL
遂に崩れた、しかしその凡走で全てのストレスを吐き出したと思われ2走前にはある程度の活性化もある、引っ張るだけ引っ張って「ドン!」とすれば飛んで来てもびっくりできない、存在的には面白い。

ローレルベローチェ
サクラバクシンオー産駒のS系
今回最もリズムを保有している馬で侮れないが前走走れないタイミングだったがペース上がっても踏ん張れたという事は行き切れは今回も乗り越える可能性はある、しかしこの枠でミッキー、アクティブが内から、そして外からハクサンと流石にハナ取れても厳しい流れになりそう、切りで良いと思う。

スギノエンデバー
サクラバクシンオー産駒のS系
やる事は一つなのでハマるかハマらないか?ま、ハマらんでしょう。

ヒルノデイバロー
マンハッタンカフェ産駒のSL
今年はこの馬とシュヴァルグランを冒頭でオススメしたからには当然買います(笑)
シルクロードで見せた末脚が流れの外からのものだけかどうかを前走で見ていたが馬群の中を詰まりながらもがっつり伸びて来ておりやはり只者ではないと改めて感じました、この2走を見る限り馬格もあるので内枠で量の補完をしなければいけないタイプでも無く、外枠からのびのびの方が良いと思われ多少馬場の不利はあるだろうが破壊力はここでも十分にあるので大外でも構わないのでのびのびと走って来て貰いたい。

ハクサンムーン
アドマイヤムーン産駒のS系
流石に往年のSは薄れており前走の様な休み明けダウンの逃げ馬が最も合っており今回は頑張った後の大外の逃げ馬なので厳しい、昨年の様な特殊馬場待ちだろう。

という事で金曜日段階の予想
◎ヒルノデイバロー
○ブラビッシモ
▲ウリウリ
△アルビアーノ
以下3着付け
レッツゴードンキ
サクラゴスペル
アースソニック

ダンスディレクター(涙)

阪神大賞典
◎シュヴァルグラン
ま、順当だろうね、ハーツの割にはSがそんなに強くなくエンジンもゆっくり掛かるタイプ、その為操縦性は良いが上がりが速過ぎるとやや遅れる馬である、春天は上がりが速いからなぁ~(^^)

タンタアレグリア
ダイヤモンドチームは結構キツい競馬だったので反動必死の中馬体も維持して出て来ており何とか耐えれたか?ただそこはロブロイ次走は盛大に消えてくれるだろう。

アドマイヤデウス
とりあえず転厩しよかな(^^)
また馬体増、折角内枠という絶好のカードを引いたのにこれでは集中できない、それでも頑張って差し返しており能力はある、馬が萎える前に何とかして欲しい。

トーホウジャッカル
とりあえず中距離に行ってみよう、大阪杯で先行活性化後の春天なら何とかか?現役最強クラスなので何とかして欲しい。

○カレンミロティック
タフな流れになったのでもちろんサヨナラパターン、スローのダウンで。

▲ストロベリーキング
やる気ないなら出てくるな!

スプリングステークス
○マウントロブソン
ディープの初重賞、さ、リズムは付けた、本番もちろん人気は下がる、パワーあるディープなので面白さはある。

△マイネルハニー
いい馬である、さすがに次走厳しいだろうがこの馬がおそらく皐月賞のカギを握る、大逃げか?溜逃げか?平均逃げか?ディープを潰すなら大逃げして欲しい。

◎ロードクエスト
がっかりである、確かに皐月賞に向けてはストレス、疲労は残さなかった、しかし活性化、布石は打てなかった、本番同じ様に大外最後方からぐるりしたら暴れるからな! 田辺でいいのに……

▲プランスシャルマン
いやぁ~ちょっと夢見た、なかなか強気に攻めてくれた、坂でパッタリだったのでこの血統の割にはパワー不足か?京都で見てみたい。

ドレッドノータス
もうハービンジャーは終わりやね、このお母さんでもダメ、うんダメだね。
道中13秒台連発のレースの外枠、少頭数で。

中山
幕張ステークス
◎ペイシャフェリス
前走逃げ馬の短縮でかなり苦労した挙句逃げられなかった、今回延長で逃げられなかった逃げ馬。

千葉ステークス
◎レオパルディナ
スニッツェル産駒の芝→ダ、そして短縮。

阪神
吹田特別
◎ショウナンハルカス
交互、芝→ダ、短縮、ロブロイに短縮はハードかもしれないがストレス抜ける局面なので反応できる。

但馬ステークス
◎トウカイオーロラ
C系短縮、4kg減、上手く内に潜って差して来い。

このページのトップヘ