重力重きものはレースの支配者

2016年11月

早く引退してくれ。

ジャパンカップ

キタサンブラック
強い強い馬が逃げられなかった逃げ馬のオプションを使ってスイスイ逃げる、リズム保たれるとどうしようもないね(^^)
早く引退してくれ(笑)

サウンズオブアース
さすがにデムーロ、S質付加され猛然と差して来る、少し外目の枠だった事を考えるとこの馬も強い競馬をしている、ほんとに惜しい。

シュヴァルグラン
さすがいっくん!何もせず外人が仕掛けてレースが動いてからスパート!見事な3着!
馬はストレスある中、外枠で混雑せず、プレッシャーの外からの競馬で上がりだけを使ったイメージ、体力はあるのでこういう馬場は得意なんだろうけどこれで有馬は厳しくなった。

ゴールドアクター
何もしていない、3番手でそのまま差される、体力だけで何とか凌いだが…闘いに行く姿勢が乏しい、せめて一度は並びかけようよね吉田隼人くん。

リアルスティール
流石としか言えない騎乗である、体力でやや不安のある事、そして掛かるかもしれないというリスク、しかし勝つには延長で前に行く位置取りを取って倒しに行くしか手はなかったと思う、それをしっかりリアルスティールを従わせて先行さしキタサンに悠々と立ち向かって行った、流石に最後は体力切れになったがほんとに素晴らしかった、そして秋天の疲れもある中馬も良く頑張った、少し休んで大阪杯に備えて欲しい。

レインボーライン
強い!とにかく休ませろ!このままだと馬が潰れる。完全に疲弊してるのに精神力だけでここまで持って来た、もう十分強さは示したので休ませて欲しい。

イキートス
C系だな、惜しかった。

トーセンバジル
投げ出してはいなかったのでまだ可能性はある、もう少し追いかけてみよう。

ルージュバック
やっぱり馬群はダメ!

ディーマジェスティ
やっぱりディープだろう、有馬面白いかもしれないがリズムを完全に崩したので休ませて立て直した方が良い。

ビッシュ
流石に狙い過ぎたかな、体力不足を露呈してしまった、軽い所でもう一度見直したい。

ルージュバックを追加しました(笑)

馬群ばらけそうなので(笑)

キャピタルステークス当たったよん(^^)るん♬

と、いう事でやや気分の良い琢さんでした(^^)

ジャパンカップ予想

馬場がなぁ~、ほぼフラットかな?ってイメージだけど、あまり軽過ぎるタイプは苦しいのか?う~~ん。

◎ビッシュ SC
ま、考察通り、鮮度というオプションの効果は疲労ストレスがない状態なのであまり発揮はされない局面だが小柄な馬なので大敗してからの臨戦はこの馬には合っているとみたい、S強く交互のリズムで狙えるタイミングでもあり内枠で集中力を付けられたら突き抜けても不思議ではない馬だとみる、3歳牝馬の異端性もあり本命に。

◯トーセンバジル SC
ハービンジャーの突然変異種に賭ける!オール格上げを3連勝できるハービンジャーは普通じゃない、しかもそのほとんどが楽勝レベルなのでそんなに疲労レベルも高くないはず、3歳時に重賞の経験もあり、相手もそこそこのメンバーで大きく崩れてないのでポテンシャルも「ある程度」は示せてる、やや先物になるかもしれないがこの馬の可能性に賭けたい。

▲ディーマジェスティ SC
この馬はずっとシルクジャスティスかな?って思っていたがセントライト記念接戦後の菊花賞の内容がシルクジャスティスや他のよく似たワンアンドオンリーと違い意外と「まとめて」来た、シルクジャスティスやワンアンドオンリーのようにSが強かったらもう少し負けてもって思っていたが、この4着ってところが「あ、やっぱりディープか?」と思わせる所であり、そうなれば蓄積が多少合っても古馬初G1の鮮度が活きる局面とも取れる、そしてダービー3着の舞台ならという事と特化タイプでないなら頭は?だかシルクジャスティスがジャパンカップ5着の着順よりかは上を期待できそうなので評価を上げた。
4着?(笑)

△イキートス C?
よく分からないがバーテン大賞を内から突き抜けておりC質は感じる、割と馬群も気にしないタイプっぽく他の外国馬よりかは鮮度面でもアドバンテージがあり外国馬ならこれか?この人気なら押さえてもよいだろう。

△キタサンブラック SL
う~~ん、今日の馬場を見ると1番乗り難しい馬だろう、武豊さんどう乗りますか?そこそこ引っ張る?おそらく溜め逃げは無いと思う、差し経験も一応あるので差してもそこまで崩れないと思うが……

後、やはり気になるのがダービーの負けであり、この負けはスプリング→皐月の激走後の疲労と延長でスローになりコントロールできなくなってからの瞬発力勝負と最も不得意なパターンで仕方ないと思っていたが、その後のこの馬のレースを見ているともっと負けてもよい所で頑張ったり、もっと破綻してもよい所で踏ん張ったりしており、スプリング5人1着→皐月4人3着の時よりもっとしんどかった局面がこの馬には幾度もあったのに崩れなかった、この馬が何故あんなにダービーで負けたのだろうか?ダービーが7着くらいなら「ま、あり得るよね」で済むのだが14着ってかなりの大敗なのよね、確かにS主導で負ける時はドカンと負ける事のあるタイプだろうがこの馬2.3着もそこそこあり後ろにあるLもしっかりしておりどうしてもあの大敗が「何故?」となってしまう、今回疲労ストレスはほぼ皆無だがこの馬は疲労ストレスでは崩れないのでほんとに東京が単純に合わないと見るか?馬場がやや微妙でそのダービーの舞台で1番人気、もう一度喧嘩を売ってみるか?

ジャパンカップはダービーの様に瞬発戦になり難いんだけどなぁ~
ほんと早く引退して欲しいわ。


ゴールドアクター、ルージュバックは悪くはないが内枠で混雑すると嫌気を出すタイプなので評価は下げる、リアルは前に行かれると嫌だがシュヴァル共々休み明けの得意な局面で走った後の外枠はさすがに体力破綻が起きそう、サウンズはそこそこ熱した方がよいタイプで「ここ崩れる?」って所で走って来るイメージなので間隔を開けた事はマイナスになるとみたい。

問題はレインボーラインなのよね~
これ強いのよ、ただどうなのかな?3戦連続追い込めるのか?外枠?これ乗り越えたらこの馬この先どうなるんだ?どちらにしても楽しみな一戦だろう。

まだ日曜日だよ!

キタサンブラック SC
つ よ い !
この言葉だけで終わらせても良かったんだけどね(^^)
ダービーを除けば歴史的な名馬と何の遜色もない同馬、3歳春からずっと休まず、しかもずっと王道を歩んで来た馬、そして何よりもほぼ人気以上に走っている事、S強い馬がこれほど闘争心を萎えさせずに走れている事に驚きである、こんな馬トップガン以来じゃないかな?ま、とにかくもう認めるべき馬ではっきり強さも示している、今回は唯一大敗したダービーの舞台、しかしダービーとは臨戦に雲泥の差があり、しかもこの馬前回クソスローの1番人気で得意ではないはずの京都のレースを本来の形ではない「逃げ」とは違う脚質で勝ち上がって来ており、間隔も開けられておりストレス疲労もほぼない状況でしかも逃げられなかった逃げ馬のオプションまで使えてどうしようもない臨戦である、もちろん大好きなおばあちゃんの遺言でこの馬の馬券を買う事ができないが、この馬に逆らうと恐らく痛い目に合う事となるだろう。
早く引退してくれ(笑)

ゴールドアクター LS
大敗後間隔開けて中山非根幹楽勝、この馬こそ東京24は?というイメージだが量と格は保有しており大きく負ける事もないと思われる、ただキタサンを追いかける立場になる馬なので今回キタサンが強いペースで引っ張れば体力負けしそうで怖い。

サウンズオブアース SC
この馬今回ある程度先行すれば位置取りも掛かるしVラインなのでやる気のあるタイミングでの格上げは文句なしであろう、後はとにかく内枠が欲しい、出遅れて外回されたら諦めよう。

シュヴァルグラン LC
休み明けの非根幹の軽い所を楽勝して来た、さぁ格上げで位置取りも掛けにくい状況でどう乗る?いっくん腕の見せ所よ。

ディーマジェスティ SC
流石に3000は長かった、というか我慢できなかった、この東京24の条件もこの馬には我慢しにくい条件である、短縮は悪くないがSのコントロールを道中緩むジャパンカップでどう御せるか?キタサンが強いペースで行ってくれる事が大きな条件になる。

トーセンバジル ?
ハービンジャーでオール格上げを3連勝!強い?弱い?そんなもんこのレース終わってから考えたらいい事、ここで好走されたらこの倍率で買える事は無くなる、突然変異タイプのSCと見るなら先物になるが抑えるべき馬だと思う。

トーホウジャッカル SC
少し分裂気味でタイミングが難しいタイプ、次か?

ビッシュ SC
3歳牝馬の異端臨戦でこのレースに向く精神力系の牝馬、紫苑でやり過ぎたので秋華賞を好走されてると馬体の小さな馬なので流石に疲れがと見ていたが見事に大敗、ディープのリズム的には良くないが中途半端に負けられるよりかは大敗の方が全く走ってなかったと解釈し馬体を戻して来れたならリフレッシュと見てこの精神力タイプでも巻き返えせても不思議ではない、ただ、ただ、ただ鞍上スーパー弱化で他の外人騎手との差があり過ぎる騎手なのでここが唯一の不安点。

ヒットザターゲット L
近走のポテンシャル的に苦しい、キタサンが有力を潰しての破綻からなら雪崩込めてもというイメージか?

フェイムゲーム LS
去勢明けで馬体大きく減らず意外と頑張った、ただ意外と走っちゃったので反動がありそう、有馬の方が面白そうだが…

ラストインパクト LS
ムーア専用機、川田なので昨年の再現は無い。

リアルスティール M
この馬外人が乗るとSっぽくなるんだよね、なので恐らくズルい馬なんだろうね、いっくんだと「よしよし」って乗り方なので馬もズルするが外人が乗るとスパルタなので馬が一生懸命になるってイメージかな、ドバイのレースと前走で強い馬って事だと思うが要は真面目に監視できるかって事なんだと思う、鞍上誰?あ、ムーアね(^^)

ルージュバック LS
ポテンシャルはある!要はタイミングだけ、そう今回はタイミングではある、桜→オークスパターンなのでね、できれば先行して欲しいが…

レインボーライン CS
さ、3回連続好走できるか?全て追い込んでおり疲労はそこそこある、若さで乗り切るか?ステイゴールドの耐久に引っかかるか? 多分崩れるかなぁ~

ワンアンドオンリー S
………

イラプト LS
カナディアン国際の勝ち馬、選手権距離のアメリカは現在層が薄い事、昨年が大敗で厳しいか?ただサンクルー大賞好走は悪くない。

イキートスC?
内を突き抜けて来てるタイプなので同じ様な臨戦のナイトフラワーよりかはこちらか?バーテン大賞圧勝もあり外国馬ならこれか?

ナイトフラワー M
まとまってるタイプでこのジャパンカップでの人気急落は面白い、ただ外を走って来るタイプみたいなので体力がどうなのか?

現時点での評価
◎ビッシュ

▲サウンズオブアース
△トーセンバジル
△ルージュバック
△リアルスティール

久しぶりに降着レベルを見たな。

ミッキーアイル
リズム付けての延長の逃げ馬、ま、それしかない。

イスラボニータ
まとまって来てたので休み明けの富士ステークスを楽な展開で連対して来た馬を格上げのレースでは評価できなかった、しかし外人はねぇ~~S質付加かぁ。

ネオリアリズム
精神力あるタイプで鞍上が上手く気を抜かせない様に乗っていた、最後は底力の差だろう。

ダノンシャーク
惜しかった!Lタイプでストレス無く丁度プレッシャーの薄い所を走っておりラストだけ負荷を掛けるパターンでこの馬にはベストだった。いやぁ~~惜しかった。

サトノアラジン
内がやはり仇となった、少し格上げしても良い内容で今日の様なメンバーならG1を勝てそうである、外枠が必須かな。

フィエロ
残念だけどもうG1だとこの辺りの着順でまとまりそう、流石に3年連続は厳しいんだろうね、L質なのでここまで頑張れたがこの後は休み明けダウンがベストの馬になるだろう。

ガリバルディ
でしょうね、鮮度のみしか良い点が見当たらず、その鮮度でもディープなら前走5着というのはリズム的に厳しいんでしょ、もう少し躍動感が欲しい、こちらは休み明け等リフレッシュな時に頑張るタイプである。

マジックタイム
もう少し頑張れるかな?と思ったが全くダメだった、ほぼ理想の臨戦だったので単純にポテンシャル不足。

ロードクエスト
この臨戦で来れないのならもう休み明けダウンしか狙えない。

ディサイファ
これは勝てたかもしれないよね~流石にかわいそうだった、ほぼ完璧に乗れていたので残念。

ダコール
スノードラゴン
弱ぇ~~!


動物相手なので当然斜行もするしフラフラもする、ある程度それを御するのがプロだと思うがあまり制裁が軽いとこの「御する」って行動がおろそかになり技術の向上にはならないかな?と思う、世界基準はもちろん悪くないだろうけど欧州やアメリカは基本少頭数が多いのでそれでも構わないだろうが日本は多頭数が多いのでこの何でも有りのルールは少し危険な気がする、今日も豊さん落ちそうだったからね、怪我や復帰できない様な事故が起こってからでは遅いよ、JRAさん少し改善してみてもよいのでは?

このページのトップヘ