重力重きものはレースの支配者

2017年06月

宝塚記念回顧

………

サトノクラウン
予想でも書いたが前走からの苦→楽を1番感じている馬の大外L系、後はレース中での圧力をいかに受けずにレースができるかが焦点だったがデムーロさん、上手く見たよね(^^)、シュヴァル、シャケトラがキタサン潰しの役目を背負ってからのズドン(^^)、何もかも文句無し。凱旋門へ行こう!

ゴールドアクター
Sが死んでいるタイプでそもそもの強いLでの勝負、内から上手く圧力を交わし外でやり合ってる中を内からスルスル(^^)、典さん恐れ入りましたm(_ _)m

ミッキークイーン
シャケトラ、シュヴァルがキタサンとやり合い、サトノを見ながらの大外からのズドン狙い、全てが上手く行っていた、ただ、ただ足りなかった。

シャケトラ
あれだけキタサンの圧力を受けながらここに残っていた、確かに能力はある、ただこの馬も一歩足りない。追い込んだ方が良いかも。

レインボーライン
そういう事ね、G1では圧倒的に格不足、着付けされておりそれでこの結果、多頭数内枠混戦が最後の条件となる。

ミッキーロケット
こちらもやる事はしっかりされていた、残念だがやはり足りなかったのだろう。

シュヴァルグラン
天皇賞スーパーレコードの反動ありありの中での逃げの奇策、悪くなかったよいっくん(^^)

キタサンブラック
僕の◎の呪いを跳ね除けられなかったかぁ~~。
このペースでシュヴァルの奇策、シャケトラのマークなど苦しかっただろう、武豊もそろりそろりと乗られておりやっぱり覇気がなかったんだろうね、行かなかったじゃなく、もう行かなかったんだろうし、行って惨敗するならスローで控えてまとめようとしていた雰囲気、天皇賞スーパーレコードの後のシュヴァルグランがぶっ飛び、サトノダイヤモンドが出れない状況、ディープの時のリンカーンやあの時の春天組も軒並み宝塚ドボン、ま、普通はそうなるよね、ディープインパクトは何者なんだ(^^)

ま、別にこれでキタサンブラックの評価が下がるわけでもないがこの困難を乗り越えてくれる存在か?と思っていた自分はもういない、ディープやテイエムオペラオーは偉大でありキタサンはまだそこまでは辿り着いてない、それでも超一流には変わりないので秋に元気に復活して欲しい。

さて、今日の結果を見てやっぱり大切なんだなって感じた事、それは「格」と「フレッシュさ」なんだなと思った、1.2.3着馬、全部G1馬で走れるタイミング、負けたキタサンだけがG1馬の中で走れなかったタイミング。シャケトラ、ミッキーロケット、レインボーラインは走れるタイミングだけどG1馬ではない、その馬が見事に4.5.6着、そして走れなかったタイミングのシュヴァルグランはG1ではなくこれが見事に惨敗、ま、そういう事なんでしょうね、もっとシンプルに考えるべきなんでしょう(^^)

キタサンキタサンキタサンキタサンキタサンキタサンキタサンキタサンキタサン(^^)

宝塚記念

◎キタサンブラック
(笑)(笑)(笑)
ここで本命を打つかぁ~~(笑)
キタサンブラックがキタサンブラックになってから1番危険な局面だろうというのは重々承知してます、大阪杯のG1化+ハイペース、春天はスーパーレコード、そこからの短縮なので昨年より圧倒的に厳しい条件、そして初の圧倒的1番人気、怖い怖い(^^)。しかしこの馬はこういう局面でことごとく勝って来ており、負けたレースもびっくりする様なパフォーマンスを見せて来た馬、巷で3走目が3走目がと言われているが負けた有馬記念や宝塚記念を周りは凡走と見ているのだろうか?僕は寧ろ強さを更に示したと見ているので決して凡走などしていない、そしてずっと本命にしなかった馬をこの局面でも評価を下げて飛ばれた時に「ほらね」とは言いたくなかった、だから敢えてここで本命を打って「勝ってみろ!こら!」というキタサンブラックへの挑戦として本命にしました!

あ、ダービーは毎回言いますがプランスペスカなので除外してます(笑)

◯ミッキークイーン
マイル路線からの異端、唯一の牝馬、L系凡走後の人気落ち外枠延長、Vライン、何か悪いとこある?有馬記念で戦いに出て玉砕それでも崩れなかった、ここで十分ポテンシャルは示している、今回はその時の経験を生かしてキタサンの圧力外からのズドンに期待したい!もちろんマイルからなので活性化もある。

▲ミッキーロケット
前に行っての位置取り、前走全く流れに乗れずリズムを完全に崩していたのにVライン、馬のやる気は伺えた、神戸新聞杯→菊花賞でポテンシャルも示している、走れるタイミングでのこの人気、買うしかない!

△レインボーライン
上手く集中させての着付けで。

△サトノクラウン
この馬今回1番苦→楽をなる馬、そして条件も絶好で完全に買うタイミング!しかし!残念な事にこの馬キタサンを倒しに動く最初の馬になりそうなのよね、L系なのでゲート入るまでフレッシュでもレースで受けるプレッシャーが強過ぎると簡単に投げ出すタイプ、ゴールドアクターを上手く使って有馬記念でのサトノダイヤモンドになれるか?ゴールドアクターが弱まってるのでそこまでキタサンにダメージを与えられない可能性が高いので……それでも切れなかった。

函館スプリントステークス

あはは🤣

ジューヌエコール
想定通り(^^)間隔開けてリフレッシュされており、ある程度の軽さを備えているタイプのスプリント路線へのカテゴリーチェンジがハマった、だがこの馬はスプリントの馬ではないので基本は広いコースのダウン等に向く馬なのでこのままスプリント界の頂点に行く馬ではない。

キングハート
来るんかい!確かに展開は向いただろうが鮮度だけでここまで持って来れるとわ……
参りました!

エポワス
前走でやり切った感があったが間隔開けてリセットされていた、しかし速すぎる馬場はどうか?と思ったので評価は下げた、いやぁ~~やるねぇ~~(^^)

セイウンコウセイ
強………、いや、まだ認めんぞ~(笑)
先行した中で唯一残っており格は十分に見せた、この馬この後どこへ行くんだろ?

イッテツ
逃げられなかった、でも来た(笑)

エイシンブルズアイ
惜しいなぁ~、流石にこの馬場で大外ドンはキツいよね、京都金杯で本命にした馬なので、基本軽い馬場向きだとは思う。

ノボバカラ
内から凄い脚だった(笑)

シュウジ
う~~ん、ちょっと色んな意味で難しいかなぁ~、もう一回ドカ負けしてからのアイビスサマーダッシュで会いましょう。

クリスマス
これもちょっと負け過ぎなので……


ユニコーンステークス

サンライズノヴァ
短縮が綺麗に嵌った、突き抜けたがこれはかなりこの馬に向いた可能性があり、世代No. 1に認定するのはまだ早い。

ハルクンノテソーロ
こっちのマイル連対馬かぁ~~、確かに鮮度等で疲労は相殺できるだろうがこの臨戦なら勝って来て欲しかった。

サンライズソア
この馬はこのレースを23952回やっても多分最初に切る候補から外れる事がない馬だったと思う(笑)芝→ダートの臨戦に2度反応しておりそれなりのショックが必要でしかも交互ちっく、そら買えんわ!

サンオークランド
うん、展開もある程度向いていたはずなのでそれでここまでってことはやっぱり500万での勝ち方が圧勝じゃなかったってところでしょうね、破壊力不足。Cありそうだけど(^^)

タガノカトレア
この馬先行した馬で最後まで抵抗していた、差しの位置取りならわからなかったかも、それくらいの強さは見せた、今後も注意!

ウォーターマーズ
こちらも展開向いてこの結果、多分思ったより弱いって事なのでしょう。

リエノテソーロ
マークされ、内枠で流石に厳しかったか?それでも諦めてない姿勢は伺えたのでやはりこのメンバーでは1番強い馬だとは思う、人気になると量を纏えるがある程度受け止められる本質も必要になって来る、そうなると少し距離が長いんだろうと思うので人気なら14まで人気薄ならマイルまでというイメージで。

アンティノウス
マイル圧勝馬、このパターンの馬に何度騙されるのか?1年後見てろよ!この馬オープンまで行ってるからな!

シゲルベンガルトラ
いい馬だから休ませて!

こっちも大変やん!

ユニコーンステークス

◎アンティノウス
うわぁ~~~~!ベタやぁ~~~~!
ま、仕方ないかな、集中力を高めて来ての連勝、そして格上げで更に着差を付けて来たマイル圧勝馬、この時期は疲労よりリズムというのはノンコノユメで学んでいるので鬱陶しいほど人気してるがここからが正解か?ダノングットもこんなんで本命にしてやられたっけなぁ~~(笑)

◯ウォーターマーズ
やや活性に乏しいが4コーナーで位置を上げられる短縮馬、重賞なのである程度差しに寄ると見てやはりマイルから中距離主戦の馬を上位に。

▲サンオークランド
C系っぽいタイプの格上げ、できれば圧勝のリズムが欲しかったがC系ならこれくらいの方が良いか?

△シゲルベンガルトラ
使われ過ぎ!ただそれでも崩れないところが若さとダートではリズムが優先されてる所以だろう、乗り方が非常に難しいが再度逃げるかがっつり追い込むか、極端な競馬で、と思っていたら鞍上があの人なので。

注リエノテソーロ
ほんとに大事に使われてるね、恐らく圧倒的に強いし、この単勝オッズも舐められ過ぎてる気がする、良いSやCもあり器用さもある、問題は鞍上、このタイプの馬は現状Lっぽさをあまり見せていないので初騎乗は絶対的にマイナス、そして内枠なので道中のリズムも大切になる、しかも人気なのである程度の圧も掛かるのでどうしてもこの鞍上チェンジが???となってしまう、さてどう出るか?ある程度の疲労はあるだろうが芝→ダートのショックと鮮度でそこはカバーできる、とにかくレースでのリズム、着順でのリズムを崩さないで欲しい。

ん?速くね?速くね?速くね?

函館スプリントステークス

◎ジューヌエコール
3人気かぁい!昨年のソルヴェイグと似た臨戦でクラシックの前哨戦を頑張って本番がっつり負けた馬の都落ちパターン、本来はもう少しS要素欲しいタイプなのだがこれだけ速く軽い条件ならクロフネ×タキオンでも何とかなりそう、枠も良く軽く差し競馬で届かんか?

◯クリスマス
差し逃げ先行と経験あるS要素のあるリフレッシュダウン戦、高松が疲労による負けなのでリズム消失したS系ではないのでここは走れる番である。

▲レヴァンテライオン
早熟ならそれでいい、モンドキャンノを負かした当該コース替わりのダートを使ってのリズムチェンジ、Sの勢いで行き切って欲しい。

△エイシンブルズアイ
こちらもダート→芝のショック、軽さのあるタイプなので高速馬場は対応できるはず。

△エポワス
前回出し切ったので評価を下げる番だし高速馬場は多分向かない、しかし器用さがあるタイプなので軽く間隔開けたここでこの人気急落、少し騙されようと思う。

△イッテツ
逃げ切れ!

このページのトップヘ