重力重きものはレースの支配者

2018年02月

ノぉ~~~~~~

中山記念

ウインブライト
ストレスあったが少頭数で相殺、その分本来のタイプである集中力が削がれるか?とも思ったがマルターズが割と行ってくれたので流れ的にレースに集中しやすくなったか?ただ次走は危険。

アエロリット
外からリズムを付けてスムーズに追走、上位破綻もあり何とか粘ったが何で後続を待ったのか?手応え的にマルターズはもう少し早く交わしに行っても良かったのでは?

マルターズアポジー
善臣先生やるやん!強気に行けると思わず後続の絶好の的になると思ったが…参った。

サクラアンプルール
止まるかぁ~~ちょっと分からない馬になったのでもう一度考え直そう(笑)

ペルシアンナイト
減って来たの何故?、ただやはり精神力はかなりのものがあるので気で何とか持ってきたイメージ、ただ身体が付いて来るのか?

ヴィブロス
位置も取れないし外回してコーナーリングも???直線もモタモタ、京都、東京専用馬か?

ショウナンバッハ
足りない。

阪急杯

ダイアナヘイロー
リズム崩したS系で買えるわけない、逃げる事ももちろん想定していたがそれでも買えない、あぁ買えないさ!

モズアスコット
恐らくほぼベスト条件、馬場的にこれ以上重くなるとダメで軽くなるとパフォーマンスを上げて来る、ただストレスはかなり残したので次走は危険。

レッドファルクス
休み明け非根幹は崩れない、ただ今日の走りを見るとやはり補完しているSが弱まってる感じがする、今なら延長臨戦の方が安定するだろう、次走は恐らく人気より着順を下げて来るはず。

ニシノラッシュ
良い馬(笑)大丈夫、どこかで重賞勝てるから(^^)恐らくCSだろう。

中山記念

◎ヴィブロス
大きく消耗していないディープ産駒の牝馬の休み明けダウン戦、ま、本番は次走なんだろうけど前哨戦を走ってしまうのはディープの良いとこ(^^)

◯ショウナンバッハ
先行活性化で均衡気味のリズムを打破できないか?短縮も入り差しに回って破壊力強化!

▲サクラアンプルール
ま、ま、タイミングだよね、ただねぇ~~この人気で買いたくねぇ~~

△ウインブライト
休み明けを軽く増やして先行で2人2着、軽く絞って短縮差しで。

切り
マルターズアポジー
完全にタイミングの場だが、この馬は見えてしまうとダメな逃げ馬、少頭数で見え見えなので多分来ないし鞍上がゆとりの逃げをしそうなので(笑)

ペルシアンナイト
がっつりCSタイプなのでこの条件は如何にもC系には辛い、多頭数混戦馬なので次走の大阪杯?で。

アエロリット
多分強くない(笑)ただ大外少頭数は合うが…ま、多分来ない(笑)


阪急杯

◎モズアスコット
強い。イスラボニータやダンスディレクター相手にキツいペースの中1番早く動いて勝ちに行きやられはしたが踏ん張った、恐らくL主体だろうがまだ鮮度もあり精神力の補完もされている、というかここは崩れんだろう。

◯ニシノラッシュ
久しぶりの重賞、やっと出て来てくれた、NHKマイルで本命にした馬である、この馬をずっと強いと思っているのでもちろん買います、あぁ分かっているさ!楽逃げした後の格上げ内枠(笑)揉まれてサヨナラってパターン(^^)でもねこの馬Cあるのよ(^^)

▲モーニン
前回意外と頑張った、ヒルノデイバローならこっちに賭けてみるかな。

△ヒルノデイバロー
多分タイミングだろう。

△レッドファルクス
L系なので走ると思うし2番人気は舐められたね(笑)

△コスモドーム
これCっぽいんだよなぁ~~

フェブラリーステークス回顧

ま、結果から言うと外れたんだけどね(笑)

ノンコノユメ
やはり前走で感じた「グイッと感」は確かだった、完全復活かどうかはわからないがこの馬にはずっとやられて来たのであんな形では終わって欲しくなかった、しかし本当に良い馬だよ、復活おめでとう!

ゴールドドリーム
馬体減らして来て反動か?と思ったが何の事は無かった、位置取り、追い出すタイミングと全てバッチリ!ムーアはおそらく後ろから差されるとは思って無かったのだろう前を捉える為の騎乗だったと思う、しかし!そこは神様ムーア!外から来られてびっくりしたと思うが差し返す力をゴールドから再び引き出した、これにはやはりびっくりである、それに答えたゴールドも立派であった、今日はノンコノユメを褒めるべき、この馬も完璧でした。

インカンテーション
この馬も持ち直して来ている、S系のリズムらしい挙動で今回は走れる番だった、そして体力を要求されぴったりだったが「格」で劣る分の3着だろう、この馬もよく頑張っている。

サンライズノヴァ
集中して来て格上げ、だが前走びっしりだった分疲労にやられたか?唯一の4歳の鮮度だけではここまでが精一杯だった、それでもこの馬も強い。

レッツゴードンキ
リズムを崩し過ぎずに次の高松への良い布石となったろう。

キングズガード
ゴールドやノンコノユメと同じ位置に居て手応えは寧ろこちらの方が良かったはず、しかし案の定コース取りや追い出すタイミングがね(^^) ま、これはわかっていての事だけどね。

サウンドトゥルー
アウォーディー
ベストウォーリア
ケイティブレイブ
ま、地方でのんびり頑張って下さい。

テイエムジンソク
やはりLだろうね、完全に投げ出したし全く何もできなかったね、Sなら少しは踏ん張る場面があっても良さそうだったが全く何も無かったからね、ダウンホースなので次走猛烈な勝ち方すると思います(笑)

あ、クロフネ様失礼しました、別にクロフネの能力に近付いたなんて事はこれっぽっちも思ってないし、ただ産駒の中では1番クロフネの雰囲気に近いかな?と(^^)
ま、何れにせよ比較してはいけないですね!

フェブラリーステークス

◎アウォーディー
確かに、確かに能力は下降している、人気落ちでも勝てなかったし地方でも勝てない、さ、何故本命?先ず一応能力はあるとまだ見ようと、後は少しの闘争心の復活、それを引き出すのはショックである、今回初のマイルという鮮度と短縮で差しの位置取りで最後の一撃を出せないか?この人気ならそれに賭けてみたい、もちろんそれでも単純にまとめた成績ならこれでこの馬は買わないであろう。

◯キングズガード
前走少し出して行った活性化と内で難しい競馬をさせた後の大外ドカンのレースで破壊力が上がらないか?破壊力なら引けは取らない馬である。

▲ノンコノユメ
M的に絶対買ってはいけない馬、ただこの馬とマカヒキに関しては自らで能力を再度示して来たら買うと話していた、そして前走勝って来たしかも最後にグイッと出て勝って来た、そう自ら闘争心を見せて勝って来てくれたので今回買ってみる、もちろん疲労ストレスはある、しかしこの馬の全盛期はそのストレスをことごとく覆して闘って来た実績がある、この人気でその当時のパフォーマンスを再度求めるのはリスクがデカいと思うし自分にとってもチャレンジとなる成功するか失敗するか楽しみです。

△インカンテーション
リピーターチームから、このレースはリピート率が高くその可能性があるだろうと思われる馬、タイミングとしては交互になってくる馬で混戦体力タイプ、リズムを保てれば面白い。

△ニシケンモノノフ
多分罠(笑)

△ゴールドドリーム
確かに嫌いたいが切るのもなぁ~という馬、この馬短縮根幹タイプと見ており前走の延長でのあのパフォーマンスが僕には異常に見えて仕方がない、「出し尽くしたのか?」が正直な感想である、反動に賭けてみても良いかも……


ラスト
テイエムジンソク
おそらくS主導と見るのが妥当な馬なのだろうが僕にはこの馬がLに見えて仕方がない、S主導なら何処かで連チャンの挙動や相手を千切り捨てるくらいのパフォーマンスが欲しいのだがこの馬にはそれが無い様に見える、S主導ならロンドンタウンにも負けて無いだろうしゴールドには差されたかもしれないがコパノは「グイッと」交わして欲しかった、コパノの交わし方がマックイーンがパーマーをやっと交わしてライスシャワーにやられた場面とそっくりに見えてしまいやはりLっぽく感じる、僕はこの馬を1番クロフネに近い馬だとずっと言っておりクロフネはG1を2勝しているのだが素晴らしいパフォーマンスを見せた武蔵野より更にパフォーマンスを上げたJCD、これが延長臨戦であり武蔵野で見せたあのパフォーマンスで本来なら反動があってもよいのに更に上げて来たと言う事は延長に恐ろしいほどの対応能力があると見るべきであって逆に短縮となると揉まれる危険性があり怖いと見るのが妥当となる、ん???クロフネのもう一つのG1勝ちは???そうNHKマイルカップで何と毎日杯からの短縮なのである(笑)じゃこれは何やねん!ともちろんなるだろう、しかしこれは毎日杯から間隔が開いた事、そして最大の要因は2着グラスエイコウオー3着サマーキャンドルである、そんな馬知らんわ!の馬でありレースレベルが後のクロフネのパフォーマンスから見れば糞低いレースであり、そのレースを最後やっと鼻差交わした勝ちでありクロフネからすれば多分凡走レベルなんだと思われる、クロフネに似ていると言っているので今回のテイエムジンソクは間隔詰まっての臨戦での更に短縮となりC系やS系に有利なショックで明らかにこの馬には不向きである事、そして何より前走苦→楽を逃げの位置取りまで使って圧勝して来ており今回に向けての有利な点が何も無いときている、なので今回「頭」としての可能性は僕は極めて低いと見ている、勿論体力、量があり弱い相手に崩れない馬なので12着とかは無い、僕は4着でお願いしたいのだが……このレースは単勝負になるだろう。

やっと当たった(^^)

京都記念

クリンチャー
へぇ~~そんなレースができるのかぁ~~確かにパワー優先だったので追走でリズムを崩さなかったのが勝因か?それにしても内から抜けて来た事は脱帽である、ただ負ける時はがっつり負けるタイプなので今後も本命は怖い。

アルアイン
良い馬だよ、ディープなので鮮度優勢のタイプなんだろうけど、それが無くなっても精神力でカバーできんじゃね?っていうくらいしっかり走れていた、次走短縮で内枠なら本命級か?

レイデオロ
う~ん!!!う~~ん!!!う~~~ん!!!なんだろう、このがっかり感、確かに弱くはない、休み明けダウン少頭数、量で圧倒して欲しかった、上位クラスになるとここまで人気すれば圧力に耐えられないのか?

モズカッチャン
いやぁ~~!これは多分強いぞ!完全にC系の走りで3.4コーナーでの動きが明らかに集中できておらず仕方なく?内へ潜り込んで馬体が接したコーナーで一気に動き出して来た、ラストで1頭になっちゃったから最後の最後で完全にふわふわしてしまった、完全にG1向きで激戦タイプ、次走大阪杯でも買う!

ケントオー
昨年のアングライフェンを見ている様だった、外からアルアイン、レイデオロを差すつもりでいたのか?ほんとにびっくりするわ。

ディアドラ
強いLを保有しているが少し疲れもあったのか動きもイマイチだった、そこへ最終コーナーで内へ入ろうとしていた、そりゃ1番ダメなパターンでしょ(^^)


共同通信杯

オウケンムーン
はいSCね!強いし混戦タイプだし、バテない、直行で皐月賞なら勝てるよ、しかし楽しみな馬が出て来た。

サトノソルタス
この馬よくわからん、多分鮮度頼りなんだろうしそんな感じのレース内容でもあった、ただ過去のディープなら勝っていたと思う、ま、この後買えるならダウン質のレースだと思う。

エイムアンドエンド
中山→東京代わりで走りやすくなり先手でリズムも取れたので走れたパターン、ミナリク上手くね?

グレイル
???とにかくもう一度見て判断する。

カフジバンガード
切れないのは前走でわかってたろ?

ゴーフォーザサミット
別にどうという馬でもない。

ステイフーリッシュ
このステゴは量に寄っているステゴっぽいのでここはストレスで負けるタイミング、青葉賞で。

このページのトップヘ