重力重きものはレースの支配者

2020年11月

ジャパンカップ回顧

良いレースでしたね(^^)

アーモンドアイ
勝ちに出てしっかり押し切ったので強い、ほんとに素晴らしい馬でした、お疲れ様!!!

コントレイル
苦しかった中よく頑張ったね、とっても良い馬です。

デアリングタクト
ガチに出て戦いに行って散るってのは素晴らしいです、このSが持続できていれば来年も強いままでしょう。

カレンブーケドール
勝ちに行っての敗戦なので何も問題ない、絞れず間隔も開いてC系にはキツい闘いだっただろうけど強い精神力でここまで待って来た、これだけがっつりしたC系は久しぶりだ、ディープの中のC系と言ってしまったが違う、この馬は純粋なC系だ。

グローリーヴェイズ
勝ったと思っただろうねぇ〜、これも強いぞ、香港での勝ち方が小回り向きの様に見えていて意外と器用でギアチェンジの上手い馬に見えていた、今日も一気に出て来たからおそらくその手の馬だと思うので意外と有馬記念は合うかもしれない。

これ以下の馬の回顧は特に無し。

次走期待馬
カレンブーケドール

ジャパンカップ

ま、とにかく3強について。

アーモンドアイ
僕は個人的には3強の中ではこれが最先着するかな?って思っている、ややS薄れまとまって来ており能力の翳りも少し見せて来ているが、2走前に見えるマイル路線でのスピード活性化はやはり優位だと思う、そして鞍上もその良さを最大限に活かせる騎手なので適性がマイルに寄って来てるこの馬でも何とかしてくる可能性は高い、ただ天皇賞の挙動がやはり気になる、この馬の現状で最高の場であったのに決して条件が良いとは言えなかったクロノやフィエールマンに詰め寄られたのはやはり少し物足りない。この馬には本当に苦労した、恐らくテイエムオペラオー以来だと思う、しかし逆に言うと色々勉強にもなった、勿論馬券としてはばっさり行く、引退レースとなるが無事走り切って欲しい。

コントレイル
とっても良い馬、そしてその全てのレースでセンスとスピードで圧倒して来た、しかししかしである、前走の菊花賞で思いのほか苦戦した、そして現状で出し切れるC的要素をがっつり出してしまい、やっちゃった感満載である、残念だがアリストテレス程度であの奥の手を使った事は誤算だっただろう、ナリタブライアン、オルフェーヴルは菊花賞で圧倒して来ての古馬初で勢いをそのまま表に出して勝って来たが、負けたルドルフ、ディープはポテンシャルで圧倒してくれば良かったのにC的要素を使って勝ってしまったので2回連続は苦の記憶がある為に出せなかった、コントレイルも正にそれであのC的要素は今回は使えない、なら完成度とポテンシャルでとなるがそこまでこの馬が抜けてるのか?この人気ならあっさり負けるに張る方が期待値は高いのではないか?うん、切ろう。

デアリングタクト
まぁベタならこれよね、牝馬で斤量有利で……いや違うんだよね、牝馬の人気量系ではここは勝てないと思うのよ、牝馬はやはりC的要素が大事で前向き差で戦うってのが僕は定石だと思ってるのよ、しかも春までのデアリングはまだ強いSがあったから良かったんだけど秋華賞が僕には物凄く優等生で優しく見えたのよね、この現象は今年は無いと思ってたんだけど意外と早くやって来たなぁ〜って感じになってる、要はLとSのバランスが変わって来たって事ね、今のデアリングは多分レース質に怯む気がしてる、なのでこれも危ないと思っています。

さて、そうなんですよ、3強ばっさり行きます、勿論能力と他馬が糞過ぎたら普通に2.3着はあると思うのでこのレースも基本単勝で勝負したいですね。

◎カレンブーケドール
ディープの中での異端C系でこのレースのタイプにピッタリの馬、やや量もありコントロールや操縦性にその軽い量が強く生かされており現鞍上でもこの成績が残せている、そしてこの馬の本質はハンターであり立ち向かう立場ならかなりの強さを発揮する、そして今回その3強を倒しに行く最右翼で完全に表に見えている、ところがこの馬はまだ隠してる能力があり見えていないハンター、要は暗殺者の立場では無く正面から立ち向かうハンターであり、見え見えの立ち位置の時に本領を発揮して突き抜ける馬になると思っている、「正々堂々」この立ち位置で強い相手に玉砕して行く時この馬の伝説が始まるのである。

△ミッキースワロー
体力型の馬でがっつり人気落ちの解放感、オールカマーも一応人気の責務は果たして来ておりリズムも保有、そして鞍上チェンジで呪いからも解放されているだろうから昨年のスワーヴの様な持続性のレースになれば走って来るタイミングである。

△ユーキャンスマイル
枠がなぁ〜、これもミッキー同様、しっかり人気馬としてやる事やって来て負けながらもリズム保有して来た人気落ち解放馬、ミッキーとの差は枠だけでどちらもタイミング、走って来る。

△ワールドプレミア
ディープの使い方としては最高なんでしょ(^^)

△パフォーマプロミス
ジャガーメイル枠

△キセキ
もし、もし逃げたら。

と言う事で、今回はカレンの単と印の馬への馬連ワイドがほとんどでミッキーとユーキャンの単だけ軽く買っておきます。

我が愛娘頑張れ!!!

ジャパンカップ

先に印だけ出しといてやろう。

◎カレンブーケドール
◯ワールドプレミア
▲ユーキャンスマイル
△パフォーマプロミス
△キセキ
注デアリングタクト

マイルCS回顧

グランアレグリア
色々面白かったね、スローに流れて絶好の位置、そして川田、武豊、福永の3枚の壁をスッと交わしてのスパート、スローの延長で糞ほど楽だっただろうから後は得意の一気のギアチェンジで終了、とにかく運動神経が良すぎる。

インディチャンプ
いっくんは多分人生で一番の騎乗をしたんじゃないだろうか?グランの直ぐ後に位置したのは特にあれだけど先に動き出して馬体を併せて内に追いやってグランを馬群に押し込んだところまでは完璧だった、後は軽いステゴなので得意の上り勝負で前を捉えて「もらった!!!」ってところにスーパーカーが飛んで来たって感じでしょうね、何回この馬を見ても思うがこの馬やっぱC系じゃないよ「超素直な馬」なんだよ。

アドマイヤマーズ
この子がC系だよ、この子強いよ、今日は完全な上り性能の差だけだから、いや、ほんとに思ってたよりもかなり強いよ。

スカーレットカラー
さすが岩田さんやね、もう内しか狙ってない!って乗り方だね、ほぼ完璧だし、馬も素晴らしかった、タイミングが合えばこの馬はそこそこ強くなりそうだね。

サリオス
ほぼ想定通りだった、外枠で短縮でとなると位置を取り難くなり自分が主役のレースにできなかった、朝日杯、皐月賞、毎日王冠と全て主役のレースをしており相手に合わせるレースではなく自分の舞台で演出、主役と全てを支配してのレースに非常に強い馬、ダービーの負け方でそう思ったのだがダービーでは明らかにコントレイルの舞台で準主役の形でのレースとなりコントレイルの影さえ踏めないほど負けている、皐月賞は明らかにサリオスの方が強かったし、人気も2分しておりどちらかと言えばサリオスのレースになっていたので運がたまたま向いたコントレイルに負けただけで特に力負けではない、なのにダービーでのあの差、距離適性というナンセンスな理由で片付けている人には絶対見抜けないキャラの個性である、精神力もあり非常に上質の馬なので来年頑張って欲しい。

ヴァンドギャルド
ま、この馬がここまで来たって事はそういう事なのです。

ペルシアンナイト
確かにね、確かに最後方からの一撃なんだけどこの馬どうしたんだ???毎日王冠にこのマイルCS、かなり以前のペルシアンナイトに戻っている、サリオスのグイグイ感も良かったけどこの馬のグイグイ感の方がエグかったぞ。

レシステンシア
チューリップ賞での経験が全く生かされていない、グランアレグリアにインディチャンプが「あり!!!」って笑いながらレシステンシアの横を抜けて行っている、体力補完して来て素晴らしいデキだったと思うのでとても勿体ないレース。

サウンドキアラ
確かに少し小さくなっている、不振期の可能性が高いのかもしれない。

アウィルアウェイ
やる事はやってるので仕方ない。

ケイアイノーテック
乗ってる人の頭の中を見てみたい、あなた来週頑張らないといけないのよ?大丈夫なのか???

タイセイビジョン
うん、できればもう少し引っ張っても良かっただろうけど、それにしても少し微妙な挙動、弱いのか?

ラウダシオン
ナックビーナス最新バージョン、豊さん行っても良かったよね。


次走期待馬
アドマイヤマーズ
ペルシアンナイト

マイルCS予想

さて、色々考えても人気馬全部切りにくいから決め打ちしよう、レシステンシアが休み明けの逃げ馬、ラウダシオン武豊の番手、グランアレグリアが12からのカテゴリーチェンジによる追走楽で内枠って事もありおそらく先行の形、そしてそれをマークしに行くサリオスに内で隠れようとして隠れ切れないインディチャンプ、そして先行しかできない川田マーズ、そうね、前にでっかい元気玉があるイメージのレース、そしておそらくサリオスデムーロが外枠なので早めに動きそうで人気馬は切れより体力と精神力が要求される流れになる、そして中団で漁夫の利を狙ってる輩は全てその元気玉に飲まれて全く機能しないレースになりそう、さて、何が言いたいか?あははは!!!後方死んだ振りドカン!!!を狙っちゃおう(^^)

そうです、皆さんお気付きですよね、その通りです!偉そうに書きましたが結局決められなかったのです(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)

マーズのCに賭けようかな?いや、レシスの休み明け逃げ馬の鮮度?外枠だけどサリオスのポテンシャル?いやぁ〜80%のグランでいいじゃん(^^)(^^)(^^)

クソが。わかんねぇ〜んだよ。

という事で逃げちゃいました(^^)

◎アウィルアウェイ
何だよ!激走後だけど何が悪い!!!
16カテゴリーに対する圧倒的鮮度、そして12臨戦による追走の苦→楽、鞍上が戦う姿勢を見せない人と好都合ばかり、充実してるジャスタウェイなら直線だけのエネルギー解放くらいはまだできるはず、破壊力は絶対あるのでとにかく追走が楽になったからといって間違っても前に行かないでもらえたら必ず食い込めると信じている。

◯サウンドキアラ
不振期なのか?まとまりの人気負けなのか?前走の負けで判断が付かなかった、単勝50倍なら人気負けに張って今回の人気急落に反応する方向に賭けてもいいだろうという判断、逆位置取りだろうが追い込んだらいい、切れてみろ。

▲タイセイビジョン
まだ強いかもしれない可能性を残している馬の鮮度と差しへの位置取りで破壊力の補完をしてくればのタイプ、いつもの糞騎乗でいいので圧力外からの競馬でこの人気急落に反応して欲しい。

△スカーレットカラー
おそらく追い込みの馬で1番の罠馬、誰もが気付く異端臨戦王道短縮のダウン戦、あまり買いたくなかったがこれだけ人気急落なら押さえる。

これで終わろと思ったけど一応人気馬を1頭。

アドマイヤマーズ
何で3番人気なんだよ、レシステンシア、インディチャンプちゃんと仕事しろよ。
明らかに集中力タイプの挙動でここへ向けての臨戦は文句無し、G1 3勝馬で格もありグランに唯一2度勝ってる馬、本当は本命にするつもりだったんだけど流石にちょい前に出てき過ぎだよね。

上記の馬の馬連ワイドの相手に。

しまった、ヴァンドギャルドを忘れてた!
絶対ダメなタイミングのディープ産駒、しかし先週の様にリズムを付けたディープの前走評価されてない人気落ちに反応するタイミング?単複は押さえる。

このページのトップヘ