中京記念
内の馬場が厳しいか?

◎アルマディヴァン CS
中山牝馬で活性化、それを活かせなかった糞騎乗の福島牝馬、しかしそこでもVライン、そして体力寄りになり18以上の体力が問われたエプソムカップ、それでも先行してやる気は見せた、そして久しぶりの短縮!枠が微妙だったが今日の馬場でその不安も取れた、さぁ位置取りを掛けて豪快に差し切ってくれ!

◯ガリバルディ M
やや、ほんとにややだが体力寄りのディープ、だが血統的にはディープディープのタイプで鮮度が効くタイプ、今回古馬初重賞で人気落ち、外目の枠も良く流石にここは反応する場面だと思う。

▲トウショウドラフタ SL-
この馬思ったより強かった(笑)負けるだろ、負けるだろの場面でとことん頑張っており能力を認めざるを得ない、ただ休みを挟んだ事でやや闘争心が萎えてる可能性も否定できないのでここまでの評価。

△タガノエトワール SL
リズムが悪い!だがこういうタイプが巻き返すにはショックが必要である、そう今回短縮が掛かり追い込みに回れば復活できないか?

以下
ダッシングブレイズ LC
ダノンリバティ SM
共に間隔開けたダウン戦で切るのは怖い、人気だが押さえるべきだろう。