アルゼンチン共和国杯

イメージ 1

これにプレストウィックから少々でした(^^)ありがとうございます(╹◡╹)

シュヴァルグラン
2番人気は大きかったかな、休み明けで体力補完。ポテンシャル的にも抜けてたのでここは問題ないでしょ。

アルバート
馬体増でこちらも体力補完、やはり鈍臭いタイプだが今の力寄りの馬場なら間に合う、ジャパンカップ凡走からの有馬記念で会いましょう。

ヴォルシェーブ
鮮度を生かしたかな?それでも最後内からアルバートにやられているので思ったより精神力が薄いのかもしれない、この後どこ使うんだろ?日経新春杯まで待つか。

プレストウィック
穴ならこれか?と思ったがやはり休み明けの人気馬が走れたので太刀打ちできなかった、ま、こんなもんかな(^^)

フェイムゲーム
去勢明けで嫌いたかったがパドックの気配抜群で正直びびった、そしてやっぱりそこそこ走って来た、次走ちょい面白いかも。

レコンダイト
走れるタイミングだったが見事な大外回し、さすがに体力が持たなかった、勿体無い。


みやこステークス

アポロケンタッキー
前走は何だったんだろ?ま、お蔭で人気が少し落ちて単勝が買いやすくなった、強いSと体力を保有しているので体力寄りのレースになればこれくらい走れる

グレンツェント
これは強いね、良いSとCが上手く融合しておりかなりの精神力を持っている馬である、ただやや鈍臭いので勝負どころでやや置かれるのが唯一の弱点か?それでも諦めない精神力は素晴らしいので次走も普通に有力である。

アスカノロマン
思った通りになった、人気になり逃げ馬もおりどう乗るのかな?と思ってみていたらやっぱり中途半端に乗った、モンドクラッセを黙らせるくらい行く構えを見せるか、思い切って控えるかの競馬でリズムを作って欲しかったがこの騎手にはできなかったという事、ま、2番人気になる馬でもないけどね(^^)