弥生賞

◎ゴールデンシロップ
今回延長馬は2頭でその内の1頭、新馬戦から何と6秒もタイムを詰めて圧勝で勝ち上がって来た馬、しかも共に上がりをかなり使っており、6秒も違うレース内容でも変わらず上がりを使えると言う事はかなりの量を持っていると思われる、そして何より馬格があるのに素早く動ける事自体運動神経の良さが伺えるし、未勝利のタイムが1.46.7は相当速いと思います、レースでも挙動も良く内枠をこなせる集中力もありそうでこの枠なら逃げても良いと思われる、バレる前に買っておきたい馬である。ゴドルフィンに厩舎も悪くない、ただ鞍上がね……頼むから前に行ってくれよ。

◯シュネルマイスター
もう1頭の延長馬、リズムも良く文句無しだが前走の圧勝がマイルにスイートスポットがありそうで本質の距離に向かう延長ではない分対抗に、ただし同世代戦に少頭数なのでレースとしてのストレスも少なく、しかもルメールの必殺スキル「勝てる位置」が発動しそうなのでスピードだけで押し切れるレースになりそうだしそういう馬場でもありそうなのでこれ以上評価は下げられなかった。サンデーレーシングに手塚厩舎にルメール、ま、走ってくるでしょ。

▲ダノンザキッド
負けるなら自己破綻のみなので走られたらねぇ〜😄😄😄

△タイムトゥヘヴン
個人的に好きな走りの馬、ゆったりしていて且つ闘争心があるタイプ、ごちゃごちゃすると微妙たがこの人気落ちは反応するんじゃないかな?

注目ホウオウサンデー
今回レース映像を4つだけ見たんだよね、内枠からゴールデンシロップの未勝利、ホープフル、京成杯、そしてこの馬の新馬戦、いやぁ〜良かったよ、この馬いいよ、勿論経験値が低いしタイムも糞遅いんだけど、動きがほんとに良かったのよね、なのでこの馬は素質を感じた挙動で印を打ちました、多分来るよ(^^)

ま、10頭立てで5頭も印打っちゃダメだよね(^^)
◎の単勝がメインで!