大阪杯回顧

レイパパレ
まだはっきりわからないがそれなりにSを持っており、それをコントロールする量もそれなりにあると見るべきかな、ファインモーションのSとLのバランスを反対にした様な馬なのかな、ただ今日は飽くまで自分のリズムで競馬を動かせた結果なので強い逃げ馬が出て来た時にどうこなすか?ここがポイントかな。

モズベッロ
宝塚の再現か、ちょいリズムがイマイチだったから評価出来なかった、体力あるのでスピードが有れば良い馬なんだろうね、惜しい。

コントレイル
らしさは見せた、現状のこの馬が走れる最高のタイミングだったしそれだけのパフォーマンスは見せた、日ハムの清宮だよね(^^)

グランアレグリア
流石に体力切れだね、勝ちに出たしやる事もされていた、この馬、量系?量系に変えられちゃった馬かな?

サリオス
ツイてないね、良い馬なんだけどね、このレースでも前向きさは感じたしこの先どこかで活躍はすると思うよ、走りにG1馬の雰囲気はあるからね。

クレッシェンドラヴ
される事はされていたよね、ただSが弱くまとまってるのでどうしても相手のオーラを感じて走る馬なので格上になると能力より単純な格で負ける馬。