NHKマイルカップ

◎アナザーリリック
コントロールされてる中に荒々しさもあり表舞台に出れたのにここへ出て来た経緯はあのリエノテソーロと同じ、ただリエノはダート経験がありSの証明があった、しかしアナザーの父リオンディーズは先週兵庫チャンピオンの勝馬等を出しダートに高い適性を持つ馬を出している、このアナザーリリックもその適性を引き継いでもよいイメージがあり、その中で更にスピードを得ての芝での戦績だと判断した、なら戦績にダートは無いがリエノテソーロに似た馬と見て、初重賞に異端臨戦、多頭数経験に上がり性能もありそして前走位置も上げてるので活性もクリアしているので文句無しの本命、後はカレンを降ろされた鞍上が内を裂けるか?迷わず突っ込んで欲しい!

◯シティレインボー
この馬そんな弱くないぞ、前走で初めて多頭数を経験したのに圧の中でも怯む事はなかった、ニュージーランドトロフィーというタイプの馬には見えずエピファにフジキセキなので上がりを持続させるタイプだと思うので東京マイルの内枠は悪くない、しかも頑張ったのにこの人気は舐められすぎだろ、ま、鞍上は勿論見てないからの評価なのだが…

▲グレナディアガーズ
切れる理由が無かった、そもそも朝日杯を叩かれて勝って来た馬なので前走の休み明けを叩かれて延長で普通に前なら特に苦に感じる事もないだろうしね。

△リッケンバッカー
とりあえず現時点ではC系格上げ内枠で勢いは保ってるので押さえた方がいい。

△グレイイングリーン
前走の欄を指3本で隠して無かった事にしよう(^^) とにかくスタートからの3つは悪くない、そしてその前走なんだが勿論ダメだよ、ディープの流れから見たらダメなんだけどそれまでの3走の内容から2.0秒も負ける馬じゃない、という事はもうヤメてるのよね、あそこまでヤメてると、いけない判断なんだろうけど「無し」にして大幅人気落ちの初重賞ディープで押さえてもいいだろうと判断、勿論この人気だからハードルは下げての評価です。

△レイモンドバローズ
悪くない、いや寧ろ強いのかもしれない、ただ少しパワーに寄ったかな?という事と少し脚質に幅が無かったので押さえまでの評価です。

沢山印は打ちましたが馬券の8割はアナザーリリックの単勝で行きます、後は馬連を流してシュネルの単複をチョロっと買います。

以下
ルークズネスト
これも悪くはない、ただストレスあるなぁ〜

バスラットレオン
自分は強いと勘違いしてる、勿論その勘違いは悪くない!そしてそれに騙されるのが今回の他の出走馬ならこの馬の逃げ切りはある(カレンブラックヒルみたいなパターンね)だが、このオッズで逆ベクトルっぽい臨戦の馬は買いたくない。

タイムトゥヘヴン
強いって思っていたが多分弱い。

ソングライン
異端臨戦、確かに不利はわかる、だが不利があってももう少し頑張って欲しかった、グレイイングリーンと何が違う?って?そらこれだけ人気されたらハードルは上がるでしょ。

ヴェイルネビュラ
これは正直悩んだ、勝てる可能性は勿論ある、ただなんだろうなぁ、何かが足りないのよ、ステルヴィオに似てるのかな?ま、ステルヴィオはG1勝ったけどビュイックでしょ?

ランドオブリバティ
「もし」「if」が許されるならこれの大変身、というか、あ、なるほどねやっぱ強かったのか!もある、だが基本お坊ちゃまの出身で一度甘やかされた後のこのタイプは基本戻って来れないとも思う、まだ人気するので静観の方に傾いた。

ホウオウアマゾン
これが人気するのかぁ、Lっぽい馬のアップ戦、これは危ないと思う。

ピクシーナイト
これもわかる、前走は確かに良く頑張った、ただなんだろ、この枠から豪快に差して勝つって映像がどうしても浮かばない。

シュネルマイスター
内枠ならバッサリしようと思っていた馬、外枠に来られたので飽くまで「自然な形」での差し位置取りで破壊力付加での勝ちの可能性が出たので今悩んでいる、この馬は「丸い」のよ、そして弥生賞を「距離で」と判断するなら現時点では明確に弱いと判断するべき、少頭数に同世代戦でチンタラした流れの弥生賞で2番手からの絶好の位置からタイトルホルダーを捕まえられなかったのはここで人気する馬の評価としては「切り!」と言わざるを得ない、高次元でのまとまりならイメージで丸いと思う馬は危ない、そしてルメールで前に行く「勝てるポジション」のオプションは今回に限っては逆にSの付加を殺すショックになると思ったので評価は下げるつもりでいる、ただもし短縮位置取りショックが掛かっても2着かなぁ〜(^^)

頑張れアナザーリリック!